「第63回広告電通賞展」

アド・ミュージアム東京

poster for 「第63回広告電通賞展」

このイベントは終了しました。

広告電通賞は、昭和22年12月に、広告の社会的・文化的水準の向上を目的として創設されました。「広告電通賞の歴史はわが国戦後の広告クリエーティブの歴史」ともいわれ、毎年1回、その年度中の広告作品において優秀な広告企画および広告技術を示した広告主を表彰します。

8種41部門におよぶ幅広い広告媒体が応募の対象になり、わが国における唯一の年間総合広告賞として高く評価されています。

審査は、広告主、媒体社、クリエーター、文化人などで構成される「広告電通賞審議会」(会長・今井敬)の選考委員によって行われ、東京、大阪、名古屋、九州、北海道の各地域での一次審査を経て、最終選考で受賞作品が決定します。

メディア

スケジュール

2010年07月06日 ~ 2010年07月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use