「六本木クロッシング2010:芸術は可能か?」展

森美術館

poster for 「六本木クロッシング2010:芸術は可能か?」展

このイベントは終了しました。

「六本木クロッシング展」は、今、最も注目すべき日本のアーティストやクリエーターを紹介する森美術館ならではのシリーズ展で3年に1回開催しています。第3回目となる本展では約20組が参加し、写真、彫刻、インスタレーション、映像作品、グラフィティー・アート、パフォーマンスなどをご紹介します。
2008年の金融危機を背景に世界的に将来の見通しがたたなくなっている今日、日本のアートの動向もまた不明瞭です。本展では、そんな時代こそ、アートの本質や可能性について考える絶好のチャンスと捉え、「芸術は可能か?」という問いを出発点に、現代社会のさまざまな問題を描くアート、他者との協働作業や既成ジャンルの横断により新しい可能性を見せるプロジェクト、私たちの日常があるストリートを舞台とする創作活動、そして新しい美学の誕生を予感させる新世代の表現などて、明日に挑む日本のアートの「今」を見つめます。

詳細、その他関連イベントにつきましては、サイトをご覧下さい.

メディア

スケジュール

2010年03月20日 ~ 2010年07月04日
5/4(火)は22:00まで 、3/27(土)は「六本木アートナイト2010」開催に伴い、翌朝6:00まで

Facebook

Reviews

Rebecca Milner tablog review

Paintings Now Are Garbage

...was the slogan and rallying cry raised by one speaker at a recent satellite talk event to the "Roppongi Crossing 2010" exhibition at Mori Art Museum.

Gary McLeod tablog review

Can there be art?

The "Roppongi Crossings" exhibition at the Mori Art Museum asks a brave question.

mayushe: (2010-03-22)

sprmario: (2010-03-27)

第3回となる本展では「芸術は可能か?」をテーマに、西洋美術史によって定義された"美"のイメージを解体し、再構成することによる意味を体現している写真、彫刻、インスタレーション、映像、グラフィティ・アート、パフォーマンスなどの作品が展示されています。

http://d.hatena.ne.jp/separate-ks/20100327/1269698094

TAB_linkr: (2010-03-29)

Museum Cafe Online 3/24

ひとつひとつの言葉が、現代のアート、未来のアートを語っていて、この展覧会の価値をより壮大なものに押し上げている気がしました。
http://www.museum-cafe.com/report/2298.html

TAB_linkr: (2010-04-08)

Tokyo Art Patrol 4/1

「芸術は可能か?」という問いと回答!
http://blog.excite.co.jp/tap/13274611/

cucino: (2010-04-11)

今年の六本木クロッシングは「自由という名の牢獄」のような閉塞感を感じた。いくつかの愉快な作品はあったけど。
http://cuccino.blog104.fc2.com/blog-entry-44.html

takatokyo: (2010-05-14)

sherpa: (2010-05-22)

Having been stunned by the incredible variety of inventiveness and talent on display at the previous Roppongi Crossing exhibition in 2007, it was with great anticipation I headed to the Mori to check out this latest show.

Chalk and cheese.

Staggering how (with the exception of 2 of the 20 whose work is on display) an exhibition of such scale can completely fail to provide any emotion, fascination, revelation, wonder, new ways of seeing, understanding of self, surprise, philosophy, transformation, sense of connection to nature or humanity, or artistic sensibility and skill.

The video interviews with the artists at the end of the show say it all really, with so many now familiar comments along the lines of "my work may or may not be art, I don't think about that, I just do what I do".

With such overwhelming lack of intention within their work, it's hardly surprising that the answer to the question "Can There Be Art?" seems to be "Maybe, but certainly not here".

unbirthday364: (2010-06-08)

I didn't have time to watch Dumb Type.
It is strongly recommended that you check the time table before going!

ダムタイプの上映時間をチェックしてから行くことをオススメします。
展示の最後にあり、結構長いです。

http://unbirthday364.blogspot.com/2010/06/roppongi-crossing-2010-can-there-be-art.html

JINNO: (2010-06-13)

現代アートの気位の高さと排他的で大きい壁を感じる副題に疑問を感じた。もっとこなすべきでは?とはいえ、展示されている作品は、なんとも楽しい、刺激的な展覧会です。現代アートが苦手な人にも楽しめるのでは? http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10559484125.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use