阪本トクロウ 「けだるき一日生きるだけ」

アートフロントギャラリー

poster for 阪本トクロウ 「けだるき一日生きるだけ」

このイベントは終了しました。

今年開催された、東京での個展では波紋などこれまでと異なるモチーフが登場、甲府の展覧会では駅ビルのように大きなビルが画面全体に描かれるなど、新しい方向性が見え隠れしている阪本トクロウ。その一方、無人で、無機質で、しかも空気を感じさせる空間を見せる独特の風景づくりは一貫しています。

阪本の絵の中の風景では、交差点、遊具や遊園地、あるいは公園の鳩などスペクタクルもなく淡々と、それこそ「けだるく」、日常は流れていそうです。阪本の描く風景はどこにでもありそうなステレオタイプな風景で、「どこ」とか「いつ」を限定はできないこと時間を引き延ばしたような「けだるさ」を感じさせることはありますが、いつか実際に見た私たちの中にある記憶とデジャヴュのような「はっと」する共鳴を起こすことも事実です。のびのびとした自然などを扱っているわけでもなく、現代の私たちの日常のありようを扱っているとても現代的な作品であるのに、鬱屈したものを感じさせないのは、広がる空であったり、どこまでも続いていきそうな電線や道や土手など、描かれていない連続や空間が描かれた「もの」以上に際立たせているからでしょうか。それらの広がりの中で人の作った信号や街頭はとてもちっぽけに見えます。今回の新作展示では、日常と非日常の交差する、はっとする瞬間を体験できると思います。

メディア

スケジュール

2010年12月04日 ~ 2010年12月26日

オープニングパーティー 2010年12月04日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

阪本トクロウ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use