荒木経惟 + 舟越桂 「至上ノ愛像」

高橋コレクション 日比谷

poster for 荒木経惟 + 舟越桂 「至上ノ愛像」

このイベントは終了しました。

現代日本を代表する写真家、荒木経惟。1940年生まれの荒木は2010年5月に70歳を迎えます。1960年代から現在に至るまで、常に時代を挑発し続け、時代の先端を走り続ける荒木は、人が生きることの悦びと哀しみ、その深さを、圧倒的な写真の力で見せてくれます。

本展では、「センチメンタルな旅・冬の旅」「エロトス」「写真私情主義」など高橋コレクションの多彩な作品に加え、2008年から2009年にかけて熊本市現代美術館で開催された個展「荒木経惟 熊本ララバイ」に出品された≪母子像≫シリーズの作品を特別展示いたします。≪母子像≫は、2007年以降に生まれた赤ちゃんと母親を熊本で撮影した、母子の絆と生命力にあふれた写真で、大きな話題を集めた作品です。

木彫の人物像で国際的に活躍を続ける舟越桂(1951年生まれ)は、1980年代はじめから日本の現代彫刻をリードしてきた存在です。高橋コレクションの≪遠い手のスフィンクス≫(2006年)は、近年手がける両性具有のスフィンクスシリーズの代表的な作品です。静かに遠くを見つめる舟越の静謐な作品には、人々の心を捉えて離さない力があります。

荒木経惟と舟越桂。二人の世界の“生と死”。そして、“愛”。本展のタイトル「至上ノ愛像」は、荒木によって名づけられました。舟越へのオマージュであり、2008年冬に前立腺がんの手術を受け、「撮り続けることが生きること」という荒木の切実な感情が込められています。

メディア

スケジュール

2010年01月09日 ~ 2010年04月04日
2月21日(日)休館、2月22日(月)は開館

アーティスト

荒木経惟舟越桂

Facebook

Reviews

tunes: (2010-01-22)

有料なのだが、大半は通りに面したガラス越しに見えてしまうのがちょっと残念な気がしました。
http://blog.livedoor.jp/tunes1/archives/52529268.html

TAB_linkr: (2010-02-22)

The Japan Times Online 2/19
by Danielle Demetriou

Describing the union of the two artists, curator Yayoi Kojima says: "First there are Araki's brilliant human lives; then there are Funakoshi's figures that go beyond humanity. The two great artists' works respond and affect each other and they have a similar message: they are both searching for an image of love and a human being."
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20100219a2.html

cbliddell: (2010-03-12)

It’s not the meek who will inherit the Earth; it’s the breeders. Japan has finally woken up to this fact and is taking steps to counteract the silvering of the national demographic...

Read more>>
http://metropolis.co.jp/arts/artifacts/nobuyoshi-araki-katsura-funakoshi-an-image-of-love-supreme/

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use