秋元雄史「希望の美術」

ディクショナリー倶楽部・千駄ヶ谷

poster for 秋元雄史「希望の美術」

このイベントは終了しました。

これからの美術を考える。現代美術を拡げる。そして、希望に結び付けていく。

人生でも芸術でもいろいろな罠がそこかしこにありそうだが、勇気を持って突き進む。さて、ヤバい道に入るか、何らかの希望の光が見えるかは、お楽しみ。まったくわかりません。

対象者⇒芸術がないと生きていけない人。社会に自分の身の置き処を探しているが、どうもうまくいかない、もう、ヤダと思っているが、しかし、何とかそれでも社会と向き合おうとしていて、自分も社会もあきらめていない人。

やりたいこと⇒現代的な表現をかたっぱしから紹介する。対社会、対個人、対産業、対環境、対こころ、対人間関係、対情報、対歴史などなど、現代的な課題と美術はどのように向き合って、何をテーマとして抽出し、どうやって生きる希望に結びつけるか。もう教養としての美術はどうでもいいです。その先に行きます。いつの時代でもそうだが、やはり周辺の美術が面白い。

知識と、そして忘れてはならないのは感性。いろいろな知識を吸収していきつつ、そして、同時に直感を磨いていく。要は目の前に霞か雲のように曖昧に広がる世界へと勇気を持って向かっていくための方法を探る。本当に方法になるかなあ?(秋元雄史)

開場15:00〜

<第一部>
16:00-17:30「希望の美術」講師:秋元雄史(金沢21世紀美術館館長)
ART作品鑑賞会  安齊肇 吉岡雅哉 植田工 桑原茂一

<第二部>
18:00-20:00(予定) オバンドス(安齊肇、白根ゆたんぽ、ミック・イタヤ、高橋キンタロー、薙野たかひろ、朝倉世界一、パラダイス山元)によるトークショウ、パフォーマンス、and more!!!

【特別企画】
日本橋GALERIE SHOとのアートセッション(作品鑑賞)
神戸在住の奇才吉岡雅哉さんのART作品を秋元館長と鑑賞し、その楽しみ方を学びます。 場合によっては販売も行います。UST配信します。
さらに、安斎肇さんはじめオバンドスの面々による演奏やトークセッションも。

メディア

スケジュール

2010年10月02日 16:00~20:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use