福永大介 「何かを味方にすること」

小山登美夫ギャラリー

poster for 福永大介 「何かを味方にすること」

このイベントは終了しました。

本展で展示される約10点の新作ペインティングには、これまで福永の作品には登場したことのなかった、人物たちが描かれています。彼らについて福永はこう話します。「例えば空虚なとき、無目的なとき、辛いときやどうにもならないとき、自分を慰める為に行う、人それぞれが拠り所にしている領域での振る舞いや表現方法。それは自分に何かを憑依させることのようで、『何かを味方にすること』なのだと思います。そうすることによって、豊かに存在している状態を過ごす人々を描いています。これらの人々は実際に出会った人や、自分の空想、理想とする人物でもあり、またおそらく自画像でもあると思います。」福永の描く、一見したところ滑稽でアウトサイダーのように思えるこの人物たちは、根源的な生の強さを感じさせるようです

アーティストトーク:2011年1月22日(土) 午後5時半-6時

メディア

スケジュール

2011年01月22日 ~ 2011年02月26日

オープニングパーティー 2011年01月22日17:30 から 18:00 まで

アーティスト

福永大介

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use