「ANGELICA 01」展

YUKA TSURUNO GALLERY

poster for 「ANGELICA 01」展

このイベントは終了しました。

「ANGELICA 01」では、4名の作家 - 松川朋奈、流麻二果、新田友美、マット・ハンセルによる平面作品(ペインティング・ドローイング)を中心に展示いたします。

本展では、2010年4月に開催された「第3回 art_icle award」で準グランプリを受賞した松川朋奈がギャラリーアーティストとして初参加いたします。松川は1987年生まれ、多摩美術大学油画科の現役学生ですが2009年に「アミューズアートジャム」、2010年に「とよた美術展」、「第28回上野の森美術大賞展」に入選するなど、この1~2年で急速に評価が高まっている期待の若手作家です。今回は、「第3回 art_icle award」での準グランプリ受賞作品「ぬけがら(大好きだった服)」のほか、女の子が履きつぶした靴をリアルに描いた新作など、松川が現在手がけている「around girls」シリーズの中から数点を展示いたします。

流麻二果は1975年生まれ、女子美術大学芸術学部絵画科洋画専攻卒業。2000年の「VOCA 2000」を皮切りに、「文化庁新進芸術家在外研修員(NY滞在)、2004年ポーラ美術振興財団在外研修員(NY・トルコ滞在)、2006年「VOCA 2006」、「POLA新鋭展」、2008年「損保ジャパン美術財団選抜奨励展」など躍進を続けている気鋭の作家です。近年は他者との関わりを独自の表現で描くことで人の面影や温もりを感じさせる、人物にも風景にも見える抽象画を中心に発表しています。

ほかに、2010年4月の個展「Infinite Set 1」で本格的なデビューを飾り好評を得ている新田友美や、イェール大学MFAを終了し現在NYを拠点とする実力派、マット・ハンセルのペインティングとドローイングを展示する予定です。

メディア

スケジュール

2010年05月08日 ~ 2010年05月22日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use