「EUフィルムデーズ2010」

東京国立近代美術館フィルムセンター

poster for 「EUフィルムデーズ2010」

このイベントは終了しました。

欧州連合(EU)加盟国の近作を一堂に集め、ヨーロッパ社会・文化の多様性を紹介するユニークな映画特集「EUフィルムデーズ」が5月28日より開幕します。毎年開かれる「日・EUフレンドシップウィーク」の一環として2003年にスタートしてから8回目、フィルムセンターでは4回目の開催となる今回は計 22カ国からの参加を得て、日本初公開作品や主要な国際映画祭の受賞・ノミネート作品を含む22本(22プログラム)の個性豊かな映画を紹介します。

また会期中には、上映作品に関わった映画人をゲストに招いてのシンポジウムやトーク・イベントの開催も予定しています。皆様のご来場をお待ち申し上げます。

シンポジウム
日程:5月29日(土)
時間:2:00pm-
場所:大ホール
テーマ:
ヨーロッパ映画製作の現状と将来:ローカルorグローバル?
~各国、そして、欧州のアイデンティティ
ゲスト:
ヤン・ブダジュ(『ブルノの退屈』脚本・作曲・俳優)
アルベルト・カレロ・ルゴ(ラテンビート映画祭プロデューサー)
スティーヴン・サラザン(カイエ・デュ・シネマ特派員)
勝田友巳(毎日新聞学芸部)
赤坂大輔(映画評論家、「New Century New Cinema」主催)
司会:矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)

上映プログラムについてはウェブサイトをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2010年05月28日 ~ 2010年06月20日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use