「イタリアの印象派 マッキアイオーリ」展

東京都庭園美術館

poster for 「イタリアの印象派 マッキアイオーリ」展

このイベントは終了しました。

19世紀イタリア。リソルジメント(国家統一運動)の熱い機運に呼応して、自由と独立の理想を掲げた反アカデミスムの芸術運動が各地で起こっていました。そのなかのひとつ、1850年から60年頃にかけてトスカーナ地方で興ったのが、マッキアイオーリ(マッキア派の画家たち)です。
 当時フランスでは印象派の画家たちが自然主義的な新しい表現手法を模索していましたが、自然界の光や色彩、明暗が織りなす関係(=マッキア)を追求した彼らの試みはまさに「イタリアの印象派」そのものでした。
 本展では、日本初公開の作品を含む60点あまりの絵画と彫刻作品により、風景や日常生活、戦場の兵士たちの姿などを、詩情豊かな画風で描いたマッキアイオーリの活躍をご紹介します。

[画像:テレマコ・シニョリーニ 《セッティニャーノの菜園》 個人蔵]

メディア

スケジュール

2010年01月16日 ~ 2010年03月14日

Facebook

Reviews

TAB_linkr: (2010-02-22)

The Japan Times Online 2/12
by Marius Gombrich

This well-organized, enjoyable exhibition helps raise the profile of a number of unfairly neglected painters, while pointing out one of the lesser-known but more picturesque pathways of 19th-century art for those who wish to explore it.
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20100212a3.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use