シュウゾウ・アヅチ・ガリバー 「no fear」

ナディッフ アパート

poster for シュウゾウ・アヅチ・ガリバー 「no fear」

このイベントは終了しました。

シュウゾウ・アヅチ・ガリバーは滋賀県大津市に生まれ、高校時代より手探りでハプニングなどの美術活動をはじめ、さらに京都での大学時代には哲学科に在籍しながら、マルセル・デュシャンの作品集から大きな影響を受けたといいます。

1967年上京後は、新宿を根城に様々な実験的な活動を行ったり、映画作品を発表したのち、73年より衝撃的な代表作となる「Body Contract(肉体契約)」に着手します。その後も多様なコンセプトを身体、時間、物質などを媒介として実験的な表現を数多く残し、海外でも特にヨーロッパでは評価の高い美術作家として活動し続けています。

作品はドローイング、印刷物、インスタレーション、パフォーマンスなど非常に多岐にわたっていますが、すべては存在や自己に対する独自でラディカルなコンセプトの立て方を模索することを起点に、さまざまな問いへと肉薄する姿勢によって貫かれています。

滋賀県立近代美術館での初の包括的な個展にあわせ、ナディッフギャラリーでは地下の一室をガリバーのユニークなアイディアで満たします。欧米の60-70年代の前衛美術の拡がりに決してひけを取らない日本におけるコンセプチュアルアートの最深部を自己の身体を通じて出力しつづけるガリバー。その現在形を、ぜひお楽しみください。

ギャラリートーク
2010年4月10日(土)18:00 - 20:00
シュウゾウ・アヅチ・ガリバー × 福住廉

メディア

スケジュール

2010年03月05日 ~ 2010年04月11日

オープニングパーティー 2010年03月05日19:00 から 21:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use