poster for 「寿ぎのかたち」展

このイベントは終了しました。

不老長寿、子孫繁栄、富貴など、吉祥の意味合いが重ねられたモチーフは、鶴、亀、松竹梅、牡丹、宝珠と実にさまざまで、幸せを願う人々の想いの「かたち」として見ることができます。本展は、新年を迎えるにあたり、おめでたい画題や意匠が描かれた作品を展観し、古来の信仰と風習の造形、その「かたち」をお楽しみいただこうというものです。お正月には、吉祥の絵画や工芸品を床の間に飾り、新しい年の無病息災や多福多寿を祈って、言こと祝ほぐ風習があります。言祝ぐとは、喜びや祝いの言葉を述べること、言葉で祝福することで、寿ことほぐとも書きます。特別展示室 「觀海庵」がお正月を寿ぎ、福を招く場となれば幸いです。現代美術作品と取り合わせた「かたち」の競演とともにご堪能ください。

[画像:森徹山「百鶴図屏風」(左隻部分) 江戸時代]

メディア

スケジュール

2010年12月18日 ~ 2011年01月04日

アーティスト

荒川修作中山ダイスケ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use