Seiichi Furuya "Mémoires."

Tokyo Metropolitan Museum of Photography

poster for Seiichi Furuya "Mémoires."

This event has ended.

The ‘Seiichi Furuya: Mémoires.’ exhibition will introduce the long-running ‘Mémoires’ series by the photographer Seiichi Furuya, who is based in Graz, Austria. It will focus on portrait photographs he took of his wife, Christine, who died in East Germany in 1985, rearranged together with photographs of their family and his daily life in the present, to produce the final installment in this series which has continued now for over twenty years. Including many works that have not been published before, this exhibition will consist of approximately 130 photographs, highlighting the issues of life and death, darkness within the family, and emotions.

Please see website for details about related events.

Media

Schedule

From 2010-05-15 To 2010-07-19

Artist(s)

Seiichi Furuya

Facebook

Reviews

Cheri Pitchapa Supavatanakul tablog review

Tangible Memories

Seiichi Furuya "Mémoires." exhibition at the Tokyo Metropolitan Museum of Photography.

tunes: (2010-05-18)

一度展示を見終わっても、最初の展示に戻ることの出来る「凹」の字状の展示となっています。それだけに何度も見直したくなる写真展です。

http://blog.livedoor.jp/tunes1/archives/52615917.html

cucino: (2010-07-11)

「死は生の対極にあるのではなく、我々の生のうちに潜んでいるのだ」という村上春樹さんの小説の一節を思い出す写真でした。
http://cuccino.blog104.fc2.com/blog-entry-71.html

jinno: (2010-07-15)

自ら命を絶つといった事前情報が決して邪魔をすることなく、更なる「何か」を感じる作品の数々。http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10590916737.html

taikiti: (2010-07-19)

「人の死」に対して思い入れが強くなれるのは、
よりその人をよく知るから強まるのだと改めて思いました。

きちんと古屋さんの作品を鑑賞をするのは今回がはじめて。

誠一さんが「妻の死」の唐突な悲しみを受け入れる前後の
気持ちがより深く、でもなぜか俯瞰しているように見えます。
ポートレイトでもある今回の写真は、
愛する人の一生が欠けざる終えない状態で完結されています。
細かな人間の表情の違いを理解するのに
時間がかかりますが、
クリスティーネさんの繊細な表情の違いが観る者の
想像をかきたてます。

写真集を購入するまでは至らなかったのですが、
ストーリー性ありの展示だと思いました。


All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use