「ニューアート展 2010 描くー手と眼の快」

横浜市民ギャラリー

poster for 「ニューアート展 2010 描くー手と眼の快」

このイベントは終了しました。

横浜市民ギャラリーでは、市民の方々に現代のユニークで新しい美術との出会いを楽しんでいただくため、毎年ニューアート展を開催しています。本年テーマとするのは絵画、そしてそれを成り立たせる描く行為です。90年代半ば以降の現代美術の世界では、映像や写真、インスタレーションなど多様な表現手段がある中で、若手作家を中心に絵画を選ぶ、もしくは回帰する傾向があらわれてきました。筆で絵の具を塗り、何らかの事物をあらわす「描く」行為ははるか昔よりおこなわれ、でき上がるものが「絵画」と呼ばれるようになってからは、多くの作家が取りくんできました。なぜ作家は描き、見るものは絵画を楽しむのか。

今回は執拗なまでに描き、特異な作品を生み出してきた対照的な二人の作家を取りあげ、その答えに迫ります。赤羽史亮(1984年生まれ)は、黒などの暗い色調を用い、背景、および漫画やアニメのキャラクターに似た生物や植物のようなものを、たっぷりと絵具を盛ったほぼ一様の筆致で描きます。モチーフが蠢きながら互いを融合するような画面は、絵具の存在を強く感じさせると同時に、物語を想起させる独特の世界を展開しています。石山朔(1921年生まれ)は、500号の巨大なキャンバスをカラフルな絵具で塗りつくします。一見するとおもむくままに添付したように見える絵具は、実際には決して交じり合うことなく慎重に塗り分けられています。円環や縞のような幾何学的な形態と激しい筆致、垂れた絵具の偶然性を組み合わせた作品は、カオス的でありながら、荘厳な雰囲気をたたえています。二人の作品を通じて、描く行為の、そしてそれを見ることの快を感じ、味わうことから、絵画の魅力と、未来への可能性を感じとっていただけると幸いです。

メディア

スケジュール

2010年09月30日 ~ 2010年10月19日

アーティスト

赤羽史亮石山朔

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use