「印象派はお好きですか?」展

ブリヂストン美術館

poster for 「印象派はお好きですか?」展

このイベントは終了しました。

1870年代、パリの美術界でひとつのグループが産声をあげました。印象派です。マネを生みの親にして、モネ、ルノワール、ピサロ、シスレー、ドガなど。それまでのアカデミックな絵画表現と一線を画し、同時代の都市生活を主な題材に、原色の絵の具を細かなタッチでカンヴァスに定着させていきました。光と色彩に溢れた画面は、当初こそ批評家の不評を買いますが、やがて人々の心をとらえていきます。印象派の果実を引き継ぎ、さらに絵画のあり方を根源的に追い求めていったのがポスト印象派です。セザンヌ、ゴーガン、ゴッホ、シニャックなど。彼らはそれぞれの独創的な方法で、次の20世紀美術の足がかりを築いてくれました。日本人が印象派・ポスト印象派と出会って100年。あなたは印象派をお好きですか。ブリヂストン美術館で、もう一度お確かめください。

メディア

スケジュール

2010年04月20日 ~ 2010年07月25日

アーティスト

マネミレーなど

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use