猪熊弦一郎 「いのくまさん」

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for 猪熊弦一郎 「いのくまさん」

このイベントは終了しました。

「こどもの ころから えが すきだった いのくまさん おもしろい えを いっぱい かいた」

詩人谷川俊太郎のこんな文章で始まる絵本『いのくまさん』。本展は画家猪熊弦一郎(1902-1993)の仕事を、絵本『いのくまさん』の内容に沿って紹介するものです。猪熊は香川県に生まれ、東京美術学校で藤島武二に師事します。その後、東京、パリ、ニューヨーク、ハワイと活動の場を世界に広げ、亡くなる直前まで精力的に制作を続けました。さまざまなかたち、色、人の顔、動物、コレクションされたおもちゃのいろいろ。猪熊作品のエッセンスが凝縮された本展は、谷川氏の単純明快な言葉とともに、絵を描くこと、創ることのよろこびを私たちに伝えてくれることでしょう。

本展は2007年に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館において開催された展覧会の東京展で、同館所蔵の猪熊作品約110点を谷川氏の言葉とともに展示します。親子で、ご家族で、猪熊弦一郎の絵画世界をお楽しみください。

関連イベントに関してはウェブサイト上でご確認ください。

[画像: 猪熊弦一郎 「帰る 太陽のもとへ」(2004) アクリル絵具,紙 所蔵:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 © 財団法人ミモカ美術振興財団]

メディア

スケジュール

2010年04月10日 ~ 2010年07月04日

アーティスト

猪熊弦一郎

Facebook

Reviews

Marcus Bird tablog review

Voice of Childhood and Evolution

Genichiro Inokuma's "Inokuma-san" retrospective at Tokyo Opera City Art Gallery.

tomomi: (2010-04-12)

I especially enjoyed the curation: with Inoukuma's illustrations and Tanikawa's lines of poetry, the exhibition is like one big story book.

TAB_linkr: (2010-04-16)

Tokyo Art Patrol Online 4/15

この展覧会に予習は一切必要ないと思います。会場に飛び込むだけでいのくまワールドを存分に味わうことが出来るはず。訪れた後、どこかに散歩に出かけたくなること間違いなしですので、晴れた日の早めに行くことをおススメいたします!
http://blog.excite.co.jp/tap/13429633/

cucino: (2010-04-18)

生命力に満ちた展示です。アートで癒されるとか、アートからエネルギーをもらうっていうのはきっとこういうことなんだと思う。
http://cuccino.blog104.fc2.com/blog-entry-46.html

unbirthday364: (2010-06-08)

Cats, faces, birds and toys.
Dots, lines, colours and words.

I felt like drawing:)

http://unbirthday364.blogspot.com/2010/06/genichiro-inokuma-inokuma-san.html

l11alcilco: (2010-06-13)

好き嫌いはあるかもしれませんが、「いのくまさん」の優しさと力強さにパワーをもらえる展示でした。
個人的には、直感的に(=いろいろな背景や知識なしに)好きと思える絵に出会えました。涙が出るほど!

zenich: (2010-06-30)

シンプルにポジティブなので楽しいです。子どもにもインスピレーションがあったみたい。ぬりえがもらえました。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use