宮島達男 「その人と思想」

BLD Gallery

poster for 宮島達男 「その人と思想」

このイベントは終了しました。

宮島達男が何を考え、どう生きたのかを感じてもらえればうれしい。

宮島達男はパフォーマンスによる作家活動をスタートし、80年代半ばより発光ダイオード(LED)を用いて作ったデジタル・カウンターの作品を制作、発表。88年のヴェネチア・ビエンナーレ・アペルト部門への出品により国内外で注目を浴びて以来、世界的な規模で精力的に活動する現代美術家です。

「それは変化しつづける」「それはあらゆるものと関係を結ぶ」「それは永遠に続く」という三つの制作コンセプトのもと、「1」から「9」のカウンタ−が、それぞれ異なる速度で明滅を繰り返すインスタレーションは、人間のライフ・サイクルの連続性や永遠性を示しています。

99年のヴェネチア・ビエンナーレでは日本館代表作家として、5×34メ−トルの巨大な壁面に2400個もの発光ダイオードをちりばめた作品《メガデス》を出品し、広島や長崎の原爆による多数の死をはじめ、戦争の世紀であった20世紀を総括することで、非常に話題となりました。

95年以降は初期の頃に行っていたパフォーマンスを再開。また第二次世界大戦中に長崎で被爆した柿の木の実から取り出された種の苗木を世界各地に植樹する「時の蘇生−柿の木プロジェクト」を開始するなど、人間のライフ・サイクルや時間という概念に対して、デジタル・カウンター作品以外の多様なアプローチも試みています。

本展は、宮島達男の作家活動30年の歩みを綴った本が出版されるのを記念し、宮島達男「その人と思想」と題して、作家がたどってきた制作活動やその思想の変遷を、当時の記録写真やドローイング、資料などで検証する試みです。

30年に渡るその作家活動の全貌を、是非この機会にご高覧下さい。

関連イベント(映像上映会、アーティスト・トーク、ワークショップなど)も開催します。詳しくはHPご覧下さい。

メディア

スケジュール

2010年02月04日 ~ 2010年04月11日

アーティスト

宮島達男

Facebook

Reviews

cucino: (2010-03-17)

若い芸術家のセキララな記録。宮島さんの「思想」はともかく「人」はよくわかります。YMO好きだったんだろうなあ。
http://cuccino.blog104.fc2.com/blog-entry-37.html

henacyoko: (2010-04-04)

宮島さんの「青い」時代を知りたい方にお薦めです。
http://henacyoko-art.at.webry.info/201004/article_3.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use