「美術雑誌と戦後美術―創り手たちの証言 第6回 グローバリゼーション時代のアートメディア」

国立新美術館

このイベントは終了しました。

当館所蔵の美術雑誌をテーマにした連続レクチャー「美術雑誌と戦後美術―創り手たちの証言」。最終回となる今回は、『ART iT』を取り上げます。

日本初の和英バイリンガルの美術雑誌『ART iT』は、東京のカルチャーシーン、ひいては日本のアートシーンを海外に伝える国際的なメディアとして、2003年に創刊されました。創刊1周年を機に、サブタイトルを「ART in Tokyo and Japan」から「ART in Japan and Asia」へ、2周年目には「Art in Japan and Asia-Pacific」へと変え、その内容も、日本だけにとどまらずアジア全域、さらにはアジア-パシフィックのアート界のニュースや展覧会情報へと発展していきました。

2006年には、日々刻々たるアートシーンの変動に常に敏感に反応し、よりリアルタイムなメディアへと進化するべく、紙媒体からWeb配信へと完全に移行し、大きな話題となりました。この『ART iT』の元編集長、小崎哲哉氏からお話を伺い、「美術雑誌」の未来像について示唆を得たいと思います。

日時:
2010年12月12日(日) 14:00~15:30(開場は13:30)
講師:
小崎哲哉氏(元『ART iT』編集長)
聞き手:
平井章一(国立新美術館 情報資料室室長・主任研究員)
会場:
国立新美術館3F 講堂 http://www.nact.jp/
定員:
120名(先着順、事前申込不要) 聴講は無料です。

メディア

スケジュール

2010年12月12日 14:00~15:30

アーティスト

小崎哲哉

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use