森村泰昌 「なにものかへのレクイエム−戦場の頂上の芸術−」

東京都写真美術館

poster for 森村泰昌 「なにものかへのレクイエム−戦場の頂上の芸術−」

このイベントは終了しました。

80年代から一貫して、名画の登場人物や映画女優などに自らが「なる」変身型セルフポートレイトの写真作品を手がけてきた美術家・森村泰昌。本展では、森村が「20世紀の男たち」に扮する新作シリーズ<なにものかへのレクイエム>を完全版でご紹介します。

20世紀は男たちが建設し、争い、破壊してきた歴史であるにもかかわらず、21世紀の現代では急速に「男性的なるもの」の価値が忘れ去られようとしています。森村泰昌はかつて<女優>シリーズで、映画という「フィクション」のなかで輝きを放つ20世紀の女たちの世界を表現しました。<なにものかへのレクイエム>シリーズでは、森村は「男性的なるもの」の輝きを求めて、政治や戦争、革命という「現実」の世界、20世紀を記録したシリアスな報道写真の世界に取組んでいます。<美術史の娘><女優>シリーズと過去に発表した作品のなかで、女性に「変身」するイメージが強かった森村泰昌。「男たち」になることは、自らの身体を 媒介にして性を自由に超越し、「私」の可能性を追求するセルフポートレイトの新たな挑戦でもあります。

『現在私たちは21世紀を生きています。しかしこの21世紀は、かつて人々が想像していたような夢の世紀ではないようです。にもかかわらず、人類はこの 21世紀をまっしぐらに突っ走っているかに思えます。前の世紀である20世紀をブルドーザーで更地にして、20世紀的記憶を忘れ、その上にどんどん21世紀が出来上 がってきつつあるように思います。私はここでいったん歩みを止めて、「これでいいのかしら」と20世紀を振り返りたいと思いました。過去を否定し未来を作るのではなく、現在は過去をどう受け継ぎ、それを未来にどう 受け渡すかという「つながり」として歴史をとらえたい。そしてこの関心事を私は「レクイエム=鎮魂」と呼んでみたいと思いました。』(森村泰昌)

鎮魂歌(レクイエム)。それは、森村泰昌というひとりの美術家が自らの身体という器に歴史の記憶を移し替えるセルフポートレイトの表現によって、過ぎ去った人物や時代、思想への敬意をこめて、失われていく男たちの姿を21世紀に伝えようとする行為なのです。20世紀とはどういう時代だったのか? 歴史の記憶に挑む森村泰昌の新たなセルフポートレイト表現の集大成をお楽しみください。

[画像: 海の幸:戦場の頂上の旗 2010年]

メディア

スケジュール

2010年03月11日 ~ 2010年05月09日

アーティスト

森村泰昌

Facebook

Reviews

Amy Fox tablog review

The Man of Many Faces

Yasumasa Morimura's major exhibition at the Tokyo Metropolitan Museum of Photography.

TABuzz tablog review

TABuzz #11 with アートテラー とに〜

ゲストに今みたい展覧会を聞くシリーズ企画。今回は日本にひとりしかいない?!「アートテラー」に聞きます

TAB_linkr: (2010-03-23)

The Japan Times Online 3/19
by Andrew Maerkle

An interview with the artist Yasumasa Morimura
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20100319a1.html

TAB_linkr: (2010-03-23)

TOKYO ART PATROL online 3/18
by T.Mishima

展覧会を観終わった後、ぼくは森村氏の特質とも言えるユニークな批評性のシャワーを全身に浴びたような、そして前述の混沌としたエネルギーを身体中に充填されたような、奇妙に爽快な気分に襲われた。
http://blog.excite.co.jp/tap/13139952/

TAB_linkr: (2010-03-29)

Museum Cafe Online 3/16

ゴッホやモナリザといった名画の登場人物や女優などに変身してきた森村さんの、さらなる強いメッセージが込められた作品に注目です。
http://www.museum-cafe.com/report/2227.html

cucino: (2010-05-04)

「歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は茶番として」。森村さんが真摯に茶番に取り組んだ、現代的な批評性のある展示。
http://cuccino.blog104.fc2.com/blog-entry-51.html

JINNO: (2010-05-06)

歴史観って、国によっても、教育によっても、した/されたの立場論でも違うんだろうけど、結局自分とどう関与させるかなんだろうな~、とちょっと考えさせられました。http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10525332053.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use