「マネとモダン・パリ」展

三菱一号館美術館

poster for 「マネとモダン・パリ」展

このイベントは終了しました。

エドゥアール・マネ(1832-1883)は、後に「印象派」となる画家たちだけでなく、後世の芸術家たちに決定的な影響を与えた、近代絵画史上最も重要な画家のひとりです。日本でもよく知られ、深く愛されている画家ですが、その作品を国内で見る機会は非常に限られています。今年4月に東京・丸の内にオープンする三菱一号館美術館の開館記念展となる本展は、マネの芸術の全貌を、当時のパリが都市として変貌していく様子と結びつけながら、代表的作品により展覧しようとするもので、マネの油彩、素描、版画80点余が出品されます。また、同時代の作家たちの油彩、建築素描、彫刻、写真など約80点もあわせて展示し、マネが生きたパリの芸術的な背景も紹介します。日本でマネの作品をまとまった形で見ることができる貴重な機会です。どうぞ、ご期待ください。

[画像:「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」(1872年) 油彩・カンヴァス 55×38cm オルセー美術館蔵]

メディア

スケジュール

2010年04月06日 ~ 2010年07月25日

アーティスト

エドゥアール・マネ

Facebook

Reviews

Xin Tahara tablog review

東京・丸の内に三菱一号館美術館がオープン

開館記念展 「マネとモダン・パリ」をフォトレポートでお届け

belladonnaanna: (2010-06-14)

新設の三菱一号館美術館、絵との距離が非常に近い空間で、とても良かったです。海外の美術館を訪れているような気分を味わえました。「マネの黒」を堪能できました。

rn_5: (2010-08-16)

行きました。
三菱一号館美術館の雰囲気と、ロゴが好きです。
マネ・・・というより同時代の建築などのドローイングの方が気になってしまった。
入口付近でチケット購入のために少々並んだが、管内の雰囲気を楽しめ、退屈ではありませんでした。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use