森庄平 「白磁の船 海の旅人」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 森庄平 「白磁の船 海の旅人」

このイベントは終了しました。

茫洋と霞む大海原に、何百という船の群れがふわりと浮かんでいます。風景に溶け込みそうな白い船は、透明感のある手びねりの白磁でつくられています。一隻の大きさはおよそ15cmから30cm。釉薬が、水面に降り注ぐ光のように柔らかく輝いています。かたちは、丸いタンクが並んでいるもの、たくさんの船室がある豪華客船、煙突が立っていたり、社や魚が乗っているもの、平たいもの細長いもの、ひとつひとつがディテールに富み、チャーミングな表情をたたえています。

森庄平は、生まれ育った瀬戸内海をテーマに絵画の制作を続けてきました。人の生活、歴史文化、自然風土との営みを踏まえた風景をつくりたいと写生を続けるうちに、海と船と人の関わりに惹かれるようになりました。海峡を行き来する数百の船が、まるで群集の行き交う姿に見えてきたのです。絵では動きが出てこない。そんなとき、砥部焼に出会い、その温かい感触に魅せられました。違いがあって群像になるから意味がある。だから一つ一つを個性的に、人間をつくるように船をつくっていると話します。いろんな感覚でいろんな思いを投影して見てほしい、白はそのための色です。

会場全体を時空を超えた空間に見立て、約500隻の船がいっぱいに埋め尽くします。自分自身に似たひとつの船を、探してみてはいかがでしょうか。ぜひ会場でご覧ください。

アーティスト・トーク 5月7日(金)18:30~19:00

[画像:「白い船<群像-1>」(2009) 撮影:本田犬友]

メディア

スケジュール

2010年05月07日 ~ 2010年06月01日

アーティスト

森庄平

Facebook

Reviews

bapa: (2010-05-08)

白磁の様々な船が並んでいる姿がある種のユーモアがあります。それぞれの船は500円から売ってます。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use