「手探りのドローイング」展

東京国立近代美術館

poster for 「手探りのドローイング」展

このイベントは終了しました。

紙に、木炭や鉛筆が触れると、粒子が定着する。そのようにしてイメージが生まれるドローイングでは、触覚を働かせながら、微細な物質への意識を研ぎ澄ますことが必要となってきます。そしてそれゆえに、文字通り「手探り」でなにかをつかみたいと考えている芸術家にとって、ドローイングは、大事な探求方法となるのです。

たとえば吉田克朗(1943-1999)。指を使って描かれた形は、粘土のような立体感と雲のような流動性を兼ね備えています。出品作品は、それを「版」としてリトグラフで制作されたものですが、刷られて「厚み」がなくなった結果、逆に、造形性と、それを生み出したところの触覚性とが浮かび上がってきます。アブラハム・ダヴィット・クリスティアン(1952- )は、イメージに存在感を与えようと、紙が破れるのもかまわず、紙に(あるいはイメージに)筆圧をかけていきます。小林正人(1957- )には 、描く対象を、形あるものではなくて、明るさを持つものとして捉えなおそうとする意志を見出すことができます。

こうした「手探り」の感覚は、明晰に見ることが要求されているいつもの美術館の空間では把握しづらいかもしれない……そう考えて本展では、薄闇の中で作品を見る機会を特別に設けることとしました。約30点を展示します。

[画像:小林正人「Artist」(1998年) 当館蔵]

■キュレーター・トーク
保坂健二朗(本展企画者・当館研究員)
日程: 2010年8月28日(土)
時間: 14:00-15:00
場所: 2Fギャラリー4

保坂健二朗(本展企画者・当館研究員)
日程: 2010年10月8日(金)
時間: 18:00-19:00
場所: 2Fギャラリー4
※いずれも参加無料(要観覧券)/申込不要

メディア

スケジュール

2010年08月14日 ~ 2010年10月17日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use