小谷元彦 「幽体の知覚」

森美術館

poster for 小谷元彦 「幽体の知覚」

このイベントは終了しました。

小谷元彦は、東京藝術大学で彫刻を学んだ後、多様な手法と素材を用いて、従来の彫刻の常識を覆す作品を発表してきました。その造形表現と美意識は高い評価を受け、2003 年にヴェネツィア・ビエンナーレ日本館代表の一人として選ばれるなど、国内外でめざましい活躍を見せています。

小谷はしばしば、痛みや恐怖などの身体感覚や精神状態をテーマに、見る者の潜在意識を刺激するような作品を制作します。毛髪を編んだドレスや拘束具を着けた動物、異形の少女、屍のような武者の騎馬像など、一つの解釈に帰着しえない多層的なイメージは、美と醜、生と死、聖と俗の境界線上で妖しい魅力を放ちます。

彫刻というメディアのもつ性格に対して鋭敏な意識をもつ小谷は、彫刻特有の量感や物質性に抗う(あるいは逆手にとる)かのように、実体のない存在や形にできない現象、すなわち「幽体」(ファントム)をとらえ、その視覚化を試みてきたといえます。本展では、小谷の作品の本質を探るべく、10年以上にわたって発表されてきた小谷の初期作品から最新作までを一堂に集めるほか、「映像彫刻」とも呼ぶべき体験型の大型映像インスタレーションや、重力や回転などの生命のしくみに関わる現象をテーマにした新作を紹介します。従来の彫刻の概念を超えて、存在のあり方をあらゆる方向から捉えて形にしようとする小谷の作品を通して、美術表現の新たな魅力と可能性に迫ります。

[画像:《SP2 ‘New Born’ (Viper A)》2007年、ミクストメディア、67 x 28 x 18 cm、個人蔵
Photo: Kioku Keizo Courtesy: YAMAMOTO GENDAI, Tokyo]

メディア

スケジュール

2010年11月27日 ~ 2011年02月27日

アーティスト

小谷元彦

Facebook

Reviews

Rachel Carvosso tablog review

The Bloody and the Beautiful

A solo exhibition by Motohiko Odani at the Mori Art Museum.

William Andrews tablog review

Primitive Sculptor

An interview with Motohiko Odani.

voidchicken: (2010-11-26)

http://voidchicke.exblog.jp/14476422/
いよいよ、、、、

yachi3f: (2010-12-11)

さすが評判通り。
滝ももちろんだったけれど、特に最後の白い空間が素晴らしかった。
あの作品群が白い壁に落とす影は、とても印象的だった。

たったひとりの作家から作られたとは思えない展示。
また会期中にもう一度改めて足を運びたい。

shinza: (2010-12-26)

コンセプトに対するマテリアルとメディアの必然性が、こんなにかっちり噛み合ってるアーティストは意外と少ないのでは? 圧倒的な造形力に裏打ちされた作品群は見応え充分。造形行為を通じてしか視覚化され得ない人間の心理を突き詰めていく作家の姿勢に大いに共感しました。展覧会名に相応しい内容!

cbliddell: (2011-01-14)

Motohiko Odani

A rising star astounds with a death-obsessed show at the Mori

Fame is a disease—or at least a symptom of a disease...
READ MORE>> http://metropolis.co.jp/arts/art-reviews/motohiko-odani/

hypo: (2011-01-18)

こんなにも鳥肌を立てながら見た美術展は久しぶり。

まず前提として、最初から最後まで恐ろしい。
おどろおどろしいというよりも、
静かに死が迫ってくるような、そんな恐ろしさです。

また、写真、映像、彫刻とインスタレーションもの
それぞれの完成度が非常に高い。
他の方もおっしゃっているように、
とても1人の作家さんの作ったものとは信じられません。

各展示が本当に息をのむほど美しく、
だからこそ余計に死生観がグワングワン揺さぶられる感じ。

これは必見。

横でやっているプラネタリウム展と合わせてどうぞ。

http://hypo-me.blogspot.com/2011/01/blog-post_18.html

JINNO: (2011-01-26)

作品から誘発される気分や感情は老若男女問わず、そして万国共通の普遍的なものなんだろうか。
http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10778244175.html

oboko: (2011-01-27)

多くの人がいうように、小谷さんの作品は壁や床にできる作品の影もまた作品そのもの自体とは別のイメージを与えてくれる。
個人的には、そこここで作品の展示の仕方に今一歩感があったように思うのですが...
特に学生時代とか初期の作品もすごいんだから、メイン部屋の間という感じがして残念。
作品は多く、見ごたえとても有り。

123456789: (2011-01-30)

good!

yukarisme: (2011-02-01)

行ってよかった!!!
日本にこんなに才能あふれる若いアーティストがいたとは驚きでした。
http://yukarisme.exblog.jp/14840775/

shock0720: (2011-02-06)

圧倒される。もっともっと大きな
作品を作って欲しい(笑)

art4em: (2011-02-20)

LG WILLIAMS/ESTATE OF LG WILLIAMS, IN ABSENTIA
February 18th - March 25, 2010
Super Window Project
Kyoto, Japan
http://superwindowproject.com

“In Absentia” is the second consecutive show of LG Williams at Super Window Project. Although if it may be interpreted as a sequel to his previous exhibition “Closed”, and an extended statement about the “absence or loss of art”— or even a commentary on Hans Christian Andersen’s tale, “The Emperors New Clothes”— it is more of a spin on Leonardo Da Vinci’s famous quote “La pittura è cosa mentale”, and, of course, another occasion to have some serious fun.

With this seemingly obvious and deceptively simplistic attempt, Williams draws on a long history of absence and the missing object in conceptual art while deliberately twisting it.

The show consists of fifteen museum labels displayed on the white walls of the viewing room with spotlights directed at the absent artworks. Each label presents an absent artwork as follows: Artist name, artwork title, year, medium, dimensions, and collection.

Born in 1969 (USA), LG Williams lives and works in Los Angeles, Honolulu and Kyoto.

For More Information Please Contact: gallery@superwindowproject.com

#####

yngs: (2011-02-21)

小谷さんの作品が沢山見れて満足です。
作品の繊細さ、作品や空間の雰囲気、圧倒されました。
http://unlimitedbx.yanaging.com/?day=20110221

nakawitter: (2011-02-26)

筋金入りの"かたち"マニア。
http://twitter.com/#!/nakawitter/status/40937709019201537

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use