ルノワール 「伝統と革新」

国立新美術館

poster for ルノワール 「伝統と革新」

このイベントは終了しました。

柔らかな筆づかいの愛らしい女性像や豊麗な裸婦像で知られるルノワールは、一方で風景画や静物画、装飾画など、印象派の中でもとりわけ広い領域に取り組んだ画家でもありました。印象派という前衛から出発したルノワールが肖像画家としての成功に甘んじることなく、絵画の伝統と近代主義の革新の間で絶えず模索しつづけた姿を、ボストン美術館やワシントン・ナショナル・ギャラリー、オルセー美術館をはじめ、国内外の主要コレクションから集めた約80点の作品をとおして紹介します。さらに、国内有数の印象派コレクションで知られるポーラ美術館の協力により、本展を機に行なわれた最新の光学調査をもとに画家ルノワールの技法を解明し、ルノワールの絵画の新たな魅力に迫ります。

[画像:《ブージヴァルのダンス》 1883年 ボストン美術館]

メディア

スケジュール

2010年01月20日 ~ 2010年04月05日

アーティスト

ルノワール

Facebook

Reviews

cbliddell: (2010-03-09)

PIERRE-AUGUST RENOIR

A major Impressionist thrown into sharp focus at the NACT

“Suteki (beautiful) ! ” the young mother cries, dangling her one-year-old infant in front of Renoir’s feathery portrait Girl in a Lace Hat (1891). I guess this is how artistic taste is formed here in Japan, where the French Impressionist painter is incredibly popular.

Read more>>
http://metropolis.co.jp/arts/art-reviews/pierre-auguste-renoir/

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use