早川祐太 + ジェームス・ウェリング 「Flow (at Ambiguous Gallery)」

ワコウ・ワークス・オブ・アート

poster for 早川祐太 + ジェームス・ウェリング 「Flow (at Ambiguous Gallery)」

このイベントは終了しました。

このたび、ワコウ・ワークス・オブ・アートは、"Flow"と題して、早川祐太とジェームズ・ウェリングの二人展を開催いたします。早川祐太は、重力や空気、水の表面張力といった「現象」を作品として展開します。不自然なバランスで均等を保って宙に浮く薄い物体や、立体のように見えるうつろな像など、早川によってつくられたアナログ的な装置によって浮かびあがる現象は、繊細ながらも凛とする存在感を生み出します。普段意識することのないけれど、確かに存在するものと対峙するとき、鑑賞者は自分も現象の中に包みこまれている感覚を憶えます。ジェームズ・ウェリングはこれまで一貫して「写真とはなにか」を問いながら制作をしています。アルミホイルやベルベットを用いた抽象的な写真、日常的断片を写したモノクロ写真、光のグラデーションで見せるフォトグラムなど、30年以上に渡り多様な作品を発表してきました。アナログかデジタルか、カメラを使用するかしないかを問わず、光、影、時間をコントロールすることに重点を置き、写真表現に対する実験的なアプローチを続けています。写真の本質を追求したその画面は、そこに写る被写体だけでは完結せず、その背景に存在する不可視なる対象へと広がっていきます。早川の立体作品、ウェリングの写真作品、それぞれ異なるメディアによる作品が新たな視覚体験をもたらし、世界の成り立ちに思いを至らせ、その隅々に存在するさまざまな現象を知覚する喜びへと鑑賞者をいざないます。

メディア

スケジュール

2010年07月02日 ~ 2010年08月07日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use