ユーリー・ノルシュテイン + フランチェスカ・ヤールブソワ 「話の話」

神奈川県立近代美術館 葉山

poster for ユーリー・ノルシュテイン + フランチェスカ・ヤールブソワ 「話の話」

このイベントは終了しました。

ロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン(1941-)と、その作品の多くの美術監督を務めるフランチェスカ・ヤールブソワ(1942-)夫妻のこれまでで最大の展覧会を、ノルシュテインが愛する日本で開催します。本展覧会のタイトルにもなっている、彼の経験や想い出に基づく映画『話の話』(1979)は、1984 年に35 人の国際的な評論家や企画者によって、「歴史上、世界最高のアニメーション」に選ばれました。「映像の詩人」とも呼ばれるノルシュテインの映像は切り絵による繊細な表現を用いて、鋭い観察眼から生み出された詩情溢れる映像をつくり出します。その世界は人間や世界への愛情に満ちています。また、マルチプレーンと呼ばれる多層のガラス面に切り絵を配置する手法によって創り出される、彼独自の深い映像空間は、アニメーション・ファンのみならず、世界中の映像作家をも魅了してきました。

本展覧会では、ノルシュテインが監督をしたアニメーション映画を中心に、ヤールブソワの美しいエスキースや、マルチプレーンを展覧会用に再現したマケットを交え、夫妻の創作の過程、映画完成後の展開の全貌を紹介します。

詳細はHPをご覧下さい。

[画像: フランチェスカ・ヤールブソワ「明るい光に向かうオオカミの子」(1985年) 映画「話の話」によるエスキース]

メディア

スケジュール

2010年04月10日 ~ 2010年06月27日

Facebook

Reviews

sightsong: (2010-05-05)

ほとんどすべてのノルシュテイン作品のエスキースや、絵コンテなどの資料、展示用にアニメ撮影を箱の中で再現(マルチレイヤーのガラス上の絵)したマケットなどが展示されていた。美術を手掛けたノルシュテインの妻フランチェスカ・ヤールブソワの絵には、哀切な詩情のようなものがある。感激してしまって、会場内を往復して何度も観る。遠路はるばる足を運んでよかった。充実した図録も良い。
http://pub.ne.jp/Sightsong/?entry_id=2902136

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use