フセイン・チャラヤン 「ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅」

東京都現代美術館

poster for フセイン・チャラヤン 「ファッションにはじまり、そしてファッションへ戻る旅」

このイベントは終了しました。

フセイン・チャラヤンは、1994年のデビュー以来、ファッションとアートの二つの領域を横断的に活動するクリエイターの先駆者として、大きな影響を与えてきました。一つ一つのコレクションに込められる、現代社会に対する文明史観的な批評性や魅力的な物語性、LEDやレーザー光線など最先端のテクノロジーを駆使した革新的なデザインは、英国ファッション・アワードの「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を2年連続で受賞するなど、国際的に高く評価されています。アートの分野におきましても、映像作品やインスタレーションを精力的に制作し、2001年イスタンブール・ビエンナーレや2005年ヴェネツィア・ビエンナーレ(トルコ館にて個展を開催)などの国際展に参加。国内では2007年に東京で「スキン+ボーンズ」(国立新美術館)、「SPACE FOR YOUR FUTURE」(東京都現代美術館)で一部の作品が紹介され話題を集めました。

チャラヤンの表現は、従来のファッションという枠にはとどまらず、アート、建築、デザイン、哲学、人類学、科学といった複数の領域を横断して展開します。その根底にはあるのは、私たちを取り巻く環境への批評的眼差しであり、とりわけ、テクノロジーや移動、文化的環境によって、身体およびアイデンティティがどのように変容するのかを服を通して探究してきました。こうしたテーマは、南北に分裂したキプロスの国境地帯で生まれ育った彼にとって、きわめて現実的な問題だったといえます。また、グローバル化時代に生きるわたしたちが共有する今日的な問題ともいえるでしょう。分断されてしまった土地に住む恋人に、自分が着た紙のドレスに手紙を書き、送れるようにしたエアメール・ドレス、バーチャルとリアルな肉体の狭間でゆれる私たちのリアリティを反映した映像が移ろう LEDドレスなど、それは今日的な問題を反映しながらロマンティックな想像力の輝きに満ちています。

本展は、1994年から2009年までに発表されたファッション・コレクションに加え、映像作品やインスタレーションをあわせた約24点により、ジャンルを超えて展開してきた多面的な活動を本格的に紹介するものです。なお、本展覧会は、ロンドンのデザイン・ミュージアムからの巡回展を当館の空間に応じて再構成した「東京バージョン」となります。

[画像:《慣性》2009年春夏、photo: Chris Moore]

詳細はHPをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2010年04月03日 ~ 2010年06月20日

Facebook

Reviews

museo: (2010-04-09)

実は、あんまり期待してませんでした。
たまたま招待券を頂いたので、MOTアニュアルのついでに寄ってみたら、びっくり!
ファッションの展示じゃなくて、映像作品展で、映像作品で来ていた衣装も一緒に展示していると言った方が正しいかも。
一見シュールだけど、実は、中東戦争のことなどを取り上げた心にずどーんと来る素晴らしい内容でした。
キリスト教とイスラム教の関係など、日本人には遠く感じるけど、実は地球規模ではとっても重要なこと。
映像からじっくり感じられます。

TAB_linkr: (2010-04-16)

Tokyo Art Patrol 4/13

チャラヤンの服を着たマネキンを見ていると、今の生活の中で着たいとは思いませんが、この服を着るような社会はどんなものなんだろう?というようなSF的想像力を掻き立てられます。
http://blog.excite.co.jp/tap/13408202/

k9k9: (2010-05-17)

彼が生まれたキプロスという国について日本人はどれくらい知っているのだろうか?
http://k999.go-th.net/#/Entry/77

JINNO: (2010-05-23)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use