伊藤若冲 「アナザーワールド」

千葉市美術館

poster for 伊藤若冲 「アナザーワールド」

このイベントは終了しました。

伊藤若冲(1716-1800)のブームが継続中です。京都国立博物館での「没後200年 若冲展」展で、一般にも広くその名を知られる存在となり、その後も展覧会の開催、画集の刊行が続いています。もはや一過性のブームではなく日本絵画の大スターとしての地位を確立したようです。

《動植綵絵》(宮内庁三の丸尚蔵館)のような華麗な着色の作品だけが若冲の世界ではありません。若冲は晩年にいたるまで多くの水墨の作品を残しました。もしかしたら水墨画のほうが若冲の個性であるかたちの面白さは際立つかもしれません。

本展覧会は、若冲の水墨の作品を中心に、関連する着色の作品をも含めて構成します。加えて、河村若芝・鶴亭らの黄檗絵画の作品によってその水墨表現の前史を示し、若冲水墨画の世界に迫ります。前期(5月22日〜6月6日)後期(6月8日〜6月27日)合わせて165点を展示する予定です。

首都圏での若冲の大規模な展覧会は昭和46年(1971)に開催された東京国立博物館での特別展観以来、約40年ぶりとなります。若冲のアナザーワールド、水墨画の世界をご堪能下さい。

関連イベントについては、展覧会ウェブサイトをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2010年05月22日 ~ 2010年06月27日

アーティスト

伊藤若冲

Facebook

Reviews

jinno: (2010-07-02)

鯨と白象に完全にやられました。感覚が麻痺してくる。http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10576856612.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use