原精一 展

平塚市美術館

poster for 原精一 展

このイベントは終了しました。

所蔵品展「湘南と作家」の一環として、様々な人間を描き多くの作品を残した洋画家、原精一(ハラセイイチ 1908-1986)の作品を展示します。原精一は藤沢に生まれ、萬鉄五郎に師事。1927年に春陽会に初入選ののち、人物画を中心に制作活動を行いました。本展では、当館所蔵の約1400点の原精一作品の中から、戦前の人物画、静物画、戦後の人物画に分け、選りすぐった油彩画40点により原の画業を展覧いたします。また師である萬鉄五郎「宙腰の人」ほか油彩作品、及び親交深かった鳥海青児の「水田」ほか油彩作品各5点も併せて展示いたします。

なおまとまった個展としては、市制70周年記念として開催された「原精一展−人間表現の魅力−」(2002年)以来の7年ぶりとなります。会期中、作家の誕生日でもあった2月27日、および3月20日に会場にて学芸員によるギャラリートークを開催します。

学芸員によるギャラリートーク
日時:2月27日(土)、3月20日(土) 14:30〜15:00
場所:美術館展示室2
参加:申込み不要。※観覧券が必要です。

[画像: 原精一 「少女」(1943年頃)]

メディア

スケジュール

2010年02月16日 ~ 2010年04月11日

アーティスト

原精一

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use