三井美幸 「Black Party」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 三井美幸 「Black Party」

このイベントは終了しました。

女性のロングヘアが広がる写真に、飛び出してきたように馬の毛束が添えられ、青いビニールテープを筒状に積み上げた塔の前には、重ねたガラスの上にサメの骨が置かれています。三井美幸の作品は自分で撮影した写真、アクリル絵の具、鏡などの既成品を組み合わせてつくるインスタレーションです。見慣れた物質で構築された作品は、現実の部屋の片隅のようでありながら、儀式の祭壇のようでもあり、祈りにも似た不思議な印象を与えます。

三井美幸は2009年に大学院を修了、東京を中心に作品を制作発表してきました。 人体の一部をモチーフにした立体作品「KIKI」(トーキョーワンダーサイト本郷 2009)は、目隠しされた女神像に9本の手や腕のようなかたちをつけ、その肩から灰色の幾何学形体へ変容した下半身へと絵の具の黒色が滴っている様が、強い情念のような迫力を感じさせます。

「エンド・ビューティフル」(3331Arts Chiyoda 2010)では、赤いカギ爪のような腕を前に突き出し、獅子舞のように白い角を立て黒いマントを被った像が、観る者より「ビューティフル・モンスター」と自然に呼ばれるようになり、恐ろしい存在感を発していました。

三井は作品を、日常生活を過ごしている中でフトした時に思いつくのだといいます。三井にとって作品とは、内から湧き出てくる個人的な宗教に近いものであり、自分自身を社会という身体に含まれる細胞のひとつに喩え、社会から吸収し自然に吐き出されてくる、自身でも何か理解しがたい核のようなものだと話します。社会に同化しながら問いかけを続ける行為は、時に美しくも恐ろしいかたちになります。今展では、「KIKI」の女神像に交えて平面、立体の新作で構成した新作を発表します。

アーティスト・トーク 6月1日(水) 18:00-19:00

[画像:「blotting pink」(2011) サイズ可変 ミクストメディア]

メディア

スケジュール

2011年06月01日 ~ 2011年06月25日

アーティスト

三井美幸

Facebook

Reviews

cizuhara: (2011-06-23)

黒魔術に使われていそうな「偶像」たち
http://ameblo.jp/roseselavie/entry-10932331081.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use