「草間彌生 ボディ・フェスティバル in '60s」 展

ワタリウム美術館

poster for 「草間彌生 ボディ・フェスティバル in '60s」 展

このイベントは終了しました。

この展覧会は、主に60年代の草間彌生のアートに着目したものです。草間彌生は1957年に日本を離れ、シアトルを経由しニューヨークに活動の拠点を構えます。73年に帰国するまでの16年間には、ニューヨークだけでなくイタリア、ドイツ、オランダと精力的に作品を発表し、現在の多様な作品スタイルを生み出しました。草間の作品とその姿勢は、多くのポップアーティスト、ミニマルアーティスト、パフォーミングアーティスとたちの活動と呼応し、彼らに大きな影響を与えました。こうした初期の活動は海外の美術館によって、高く再評価され、2011年から2012年にかけて、ソフィア王妃芸術センター(マドリッド)を皮切りに、ポンピドゥーセンター(パリ)、テートモダン(ロンドン)、ホイットニー美術館(ニューヨーク)での欧米巡回展の重要なセクションとして展示されはじめています。

今回のワタリウム美術館での展覧会では、こうした貴重な映像作品を国内で初めて無修正オリジナルバージョンで上映します。その他、多くのドキュメントや草間自身によって語られたテキスト、立体作品、インスタレーションなども展示します。

メディア

スケジュール

2011年08月06日 ~ 2011年11月27日
月曜日が祝日の場合は開館。水曜日は21:00まで開館。

アーティスト

草間彌生

Facebook

Reviews

Saka Matsushita tablog review

草間彌生 × 水玉ファッション!

ドレスコードは水玉。ワタリウム美術館ビジットフォトレポート

JINNO: (2011-08-28)

草間作品への理解が、より深まる展覧会。http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10990159346.html

cizuhara: (2011-09-02)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use