「生誕100年 岡本太郎」展

東京国立近代美術館

poster for 「生誕100年 岡本太郎」展

このイベントは終了しました。

2011年は、岡本太郎(1911-1996)の生誕100年にあたります。これを記念して、岡本太郎がめざしたものの今日的意義を探る展覧会を開催します。

岡本太郎といえば、1970年の大阪万博のシンボル《太陽の塔》、そして「芸術は爆発だ」をはじめとするインパクトにみちた発言、数々のテレビ出演など、20世紀後半の日本において、最もよく知られた芸術家のひとりといえるでしょう。1996年に没してからも、若い世代を中心に、再び彼に関心をもつ人々が増えてきています。1998年には生前のアトリエが岡本太郎記念館として公開され、1999年には川崎市岡本太郎美術館が開館、さらに近年は巨大壁画《明日の神話》がメキシコで再発見されて2008年に渋谷に設置されるなど、彼をめぐる話題はつきません。

しかし、没後の再評価の中で彼のポジティヴなエネルギーが強調される一方、生前の彼が、さまざまな既成の価値観に鋭く「否」を突きつけ、ときには周囲を戸惑わせたりしたことは、忘れられつつあるように見受けられます。彼を再評価するには、単に受身の姿勢でその元気をもらうばかりでなく、彼の発した批判の矢を、私たち自身にも向けられたものとして正面から受け止めることが必要ではないでしょうか。

岡本太郎の人生は、まさに「対決」の連続でした。このたびの展覧会は、この「対決」をキーワードに、岡本太郎が立ち向かった相手を7つの章に分け、苦闘の中から生み出された絵画・彫刻・写真・デザインなど約130点の作品を紹介します。そして、今日に生きる私たちが、彼の「対決」をいかに受けとめていくべきか、考えてみたいと思います。

休館日 月曜日[3月21日、3月28日、4月4日、5月2日は開館]、3月22日(火)

[画像: 「燃える人」(1955)]

メディア

スケジュール

2011年03月08日 ~ 2011年05月08日
金曜は20:00まで

アーティスト

岡本太郎

Facebook

Reviews

sprmario: (2011-03-26)

本展ではこれまで岡本太郎が立ち向かってきた「相手」を通じて生まれた作品から、岡本太郎の心に宿るニヒリズムを垣間見ることができます。アヴァンギャルドとモダニズム、有機と無機、抽象と偶像、美と醜など戦前の初期からの作品のテーマとしてきたコンセプトに加えて個人的には色彩の赤と黒の対極、そして Taro と Okamoto の対極を楽しめました。

http://d.hatena.ne.jp/separate-ks/20110326/1301147017

sukimono: (2011-04-04)

別にありがたがって行く程のものじゃない
http://ameblo.jp/sukimonosan/entry-10851131706.html

windy: (2011-04-25)

東京国立近代美術館に、
「生誕100年 岡本太郎展」を観に行きました。

絵画、彫刻、写真、デザインなど、約130点が展示されているとのこと。
圧倒されました。
blog: http://windy.air-nifty.com/note/2011/04/post-3e16.html

haniwabe: (2011-05-01)

日本的なかわいさと日本人離れした色彩。
ぐにっと入ってきそうなうねりととがり。
http://hanitona.web.fc2.com/jntaroten100.htm

u_ishida: (2011-05-01)

今さらながら、岡本太郎の『明日の神話』ってEVAの使徒の元ネタになんだ。知らなかった(´・ω・`)
http://tetete-note.posterous.com/eva

hokkamuri: (2011-05-08)

「対極主義」宣言の文面がコピーしかなかったり、渋谷と青山に行けば実物を間近に体感できる作品のレプリカが置かれていたり、わざわざ美術館で大々的に開催している意義を考えると、なんとも残念な気持ちになった。
もっと太郎の内部での変遷の歴史や、葛藤だったりを展示する手法はあったのでは。
展示終了一日前にはすでにまともに鑑賞する場所ではなくなっていたほど有難がられていたのは、太郎にとってはなんとも情けないことではないか。
明日の神話のベニヤ板こそ、ここで観たかった。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use