ミン ウォン 「ライフ オブ イミテーション」

原美術館(東京)

poster for ミン ウォン 「ライフ オブ イミテーション」

このイベントは終了しました。

シンガポールに生まれ、母国とベルリンを拠点に制作するミン ウォン(1971-)は、第53回ヴェネチア ビエンナーレ(2009年)において審査員特別表彰を受賞した、現在、国際的に最も注目の若手アーティストです。受賞展である「ライフ オブ イミテーション」は、その後、新たな展示デザインや展示物を加えてシンガポール美術館にて再現され、シアトル、タスマニアなどを巡回し、ますます高い評価を得ています。

原美術館では、本巡回展を当館の空間に合わせ再構成します。出品作品の中核を成すのは、マレー映画の父と称されるP. ラムリー(1929-73)の映画の数々と、ハリウッドにおいてメロドラマを量産したダグラス サーク(1897-1987)の『イミテーション オブ ライフ』(1959年)、ウォン カーウァイ(1958-)の香港映画『イン ザ ムード フォー ラヴ』(2000年)を独自の視点で再演したビデオインスタレーションです。ミスキャストやモノマネなど、パフォーマンス性をベースとした滑稽とも言えるアプローチで、人種的・文化的アイデンティティや、ジェンダー、言語の問題などに言及しています。

さらに、シンガポール最後の映画看板絵師、ネオ チョン テクによるによる看板絵や、シンガポールの個人コレクター、ウォン ハン ミンの貴重な映画資料、往年の映画館建築を収めたインスタント写真などとともにシンガポール映画黄金時代(1950~60年代)を振り返り、様々な言語と文化が行き交ってきたシンガポール、ひいてはグローバル化が進む現代社会における人間のあり様を見つめます。

■「Meet the Artist and Curator ミン ウォンとタン フー クエンによる対談」
6 月25 日(土) 14:00-15:30

■ウォン ハン ミン氏によるトーク「カチャンプテからポップコーンまで:シンガポールの初期映画館(1896~1945年)」
7月31日(日)13:00-14:00(入館料のみ・予約制)
シンガポール人映画資料コレクターによるトークです。申込方法、詳細はホームページをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2011年06月25日 ~ 2011年08月28日
水曜は20:00まで開館

アーティスト

ミン ウォン

Facebook

Reviews

TABインターン tablog review

原美術館 ミン・ウォン「ライフ オブ イミテーション」

シンガポール、ベルリンを拠点とする気鋭の若手作家の日本初個展

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use