poster for 森山大道 「東京・網目の世界」

このイベントは終了しました。

新聞・雑誌・ポスター等の媒体に写真やイラスト画像を印刷する際、極めて小さな網点の大小 (網目) によってその階調を表現する技術を網点印刷と呼びます。イメージ (写真・映像) が大量に複製・消費され始めた1970年代は、まさに「網目の世界」の幕開けでした。本個展では、1977年7月に開催された森山の個展「東京・網目の世界」 (ニコンサロン、銀座/新宿/大阪) にて発表された作品11点 (すべてヴィンテージ・プリント) と、近年東京にて撮影した新作1点を展示致します。

写真集「写真よさようなら」 (写真評論社、1972年) を発表することにより森山は、64年の独立以来、自身が撮り続けた写真を一度総括し、その後それまで頑なに拒否した写真展を開催するなど、新たな試みを始めます。

土地の固有性が色濃く香る「遠野物語」 (1974年) 、「五所川原」 (1976年) に続き、ニコンサロンでの3回目の個展「東京・網目の世界」は、文字通り東京を舞台に「人間」に焦点を絞りますが、森山のレンズは生身の人間ではなく、「網目の世界」やマネキンの女性に向かいます。

[画像: 森山大道 「Tokyo」(2009/2011) ラムダプリント、アルミにマウント 111.6 x 148.9cm]

メディア

スケジュール

2011年06月04日 ~ 2011年07月02日

アーティスト

森山大道

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use