名和晃平 「シンセシス」

東京都現代美術館

poster for 名和晃平 「シンセシス」

このイベントは終了しました。

「Cell」という概念をもとに、先鋭的な彫刻・空間表現を展開する名和晃平(1975年生まれ)の個展を開催します。名和はビーズやプリズム、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど流動的な素材・メディアを情報社会における感覚や思考のメタファーとして扱い、デジタルとアナログの間を揺れ動く身体と知覚、感性のリアリティを表現しています。

本展では、国内外での多数の受賞・発表をふまえ、パラレルに姿を変える名和作品の根幹を各カテゴリーの方向性や相互の関係から探り、そこにかいま見える今後の姿を追求します。 BEADS / PRISM / LIQUID / GLUE / SCUM / DRAWINGなどのカテゴリーに新たな展開を加え、音楽やファッション、プロダクトデザイン領域とのコラボレーション、パブリックアート、プロジェクトチームによる制作などを通して、国際的に活躍する作品世界の魅力が紹介されます。

また、手法そのものの開発からスタートする表現スタイルなど、名和作品の多義的な創作のありかたを探ることによって、そのすぐれた造形性、表現の拡がりや可能性を呈示します。 名和は「映像の細胞PixCell=Pixel(画素)+Cell(細胞・器)」という概念を通して、感性と物質の交流の中から生じてくるイメージを追求しています。彼は自らを「彫刻家」としながらも、私たちが、感性と物質を繋ぐインターフェイスである「表皮」の質を通して対象をリアルに感知・認識していることに注目し、その表現領域をさらに拡げつつあります。

本展は、その卓越した表現力の源とは何か、そして次世代の創作のあり方について考える貴重な機会となるでしょう。

メディア

スケジュール

2011年06月11日 ~ 2011年08月28日
月曜日休館(7月18日、8月15・22日は開館/7月19日は休館)

アーティスト

名和晃平

Facebook

Reviews

Mio Coxon tablog review

Virtual Synthesis

Kohei Nawa at the Museum of Contemporary Art, Tokyo

TABインターン tablog review

Tokyo Art Mapミニ企画 「一緒に楽しむアート」

実は気になる来館者の声。Tokyo Art Map発の現場インタビューをお届けします。

TABインターン tablog review

「名和晃平 — シンセシス」展

「界面の彫刻」が一堂に会する、待望の大規模個展!

voidchicken: (2011-06-07)

http://voidchicke.exblog.jp/15714446/
I'm sure he has a bright future as the most expected young artist now. I love his works and ideas.

JINNO: (2011-06-25)

あの無数のシャボンの環のようなもので包まれた鹿たちに恋をした。また会いたい。http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10930581781.html

cucino: (2011-07-18)

動物のカラダに透明なブツブツがびっしり貼り付いている…というグロテスクなアイディアを、とても美しいものに仕上げる手腕が素晴らしいと思います。 http://cuccino.blog104.fc2.com/blog-entry-143.html

shock0720: (2011-08-05)

東急渋谷で展示されていた作品や
上野のscaiで展示されていたものなどが
すべて置いてあります・・

無料で見に行ったりしていた作品群が
置いてあるだけなのはちょっと残念。

unbirthday364: (2011-10-18)

BEADS、SCUM、LIQUIDなど各シリーズにふさわしい壁、床、照明をしつらえての展示は、エルメスで見た「彫刻」を「インスタレーション」に変容させていた。展示室全体が作品となり、観る者はその中に入っていく。プールの水に浸るように、名和の作品世界に浸る感覚だ。
http://www.art-it.asia/u/gingerbread/xClL8JiQrm5U6HPyKBYW/

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use