「タグチ・アートコレクション Global New Art」展

損保ジャパン東郷青児美術館

poster for 「タグチ・アートコレクション Global New Art」展

このイベントは終了しました。

現代アートは、世界の新しい見方や可能性に気づかせてくれます。それは、先の見えない日々を生きる私たちの心の糧 (かて) のようなもの。しかし、音楽やファッションほど身近にアートを楽しむ人は、まだそれほど多くありません。そこで、魅力と実力をかねそなえた約40作品を選び、アートの創造性とエネルギーを感じられる展覧会を作りました。作品をお借りするコレクターの田口弘さんは、アートのワールドカップともいうべき国際展や世界的なギャラリーで活躍する作家を集めています。会場では、作品や作家の考えとあわせて、アートと暮らすコレクターの部屋もご紹介。現代アートをもっと楽しむために、あなたの心に響く入口を見つけに来ませんか。

■アーティストトーク
出品作家の桑久保徹氏が、これまでの自作を紹介しながら制作について語ります。
日時: 7月23日 (土) 午後3時30分~ ※当日自由参加

■ギャラリートーク
タグチ・コレクションのキュレーター・広本伸幸氏が、コレクションと作品について語ります。
日時: 7月16日 (土) 午後3時30分~ ※当日自由参加

当館学芸員が見どころを話しながら作品を鑑賞します。
日時: 7月29日 (金) 午後3時30分~/ 7月30日 (土) 午後1時30分~ ※当日自由参加

「見る」「感じる」「話す」をテーマに作品を鑑賞します。ご家族でお楽しみいただけます。
日時: 7月24日 (日) / 7月31日 (日) いずれも午後1時30分~
定員: 6名 (当日先着順、申込不要)

メディア

スケジュール

2011年07月12日 ~ 2011年08月31日

Facebook

Reviews

miko: (2011-07-19)

作品数はそんなに多くないものの、現代アート作家についての丁寧な紹介が作品の横に添えられているので以前から知っている作品についても新たな驚きがあるかも!42階からの素晴らしい眺望とゴッホの「ひまわり」も同時に楽しめるのでお薦めです☆

windy: (2011-08-24)

私が好きなキース・ヘリングの作品が何点かあったことと、
アート作品を収集家の方がどのように飾っているのかを
見ることができたのがよかったです。

ポップな色使いの中に自分を置いてみて、よかったな。
なんか、明るい気持ちになれたきがします(^^)

損保ジャパン東郷青児美術館は42階にあります。
東京タワーと東京スカイツリーの両方を見ることができ、
高層階からの眺めも楽しめました。

blog: http://windy.air-nifty.com/note/2011/08/global-new-art-.html

unbirthday364: (2011-10-18)

さて、あなたは現代アートを買いたくなりますかどうか。

http://www.art-it.asia/u/gingerbread/XOroqk5QbNjJ2uVHL9dv/

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use