尾仲浩二 「Tokyo Candy Box」

エモン・フォトギャラリー

poster for 尾仲浩二 「Tokyo Candy Box」

このイベントは終了しました。

今からちょうど10年前の1999年から2001年にかけての東京。20世紀から21世紀へと時代が変わる真只中にあった東京では、 ひと昔前の建物は取り壊され、まるで大量生産のプラスチック製品のように次々と形を変え、そして多くのものが消えていきました。 本作にはそんな20世紀末の東京という街で尾仲が見た人々の日常と新たな時代への高揚感、そして変わりゆく都市の哀愁が巧みに写し出されています。あの頃の東京で私たちは何を見て、今そこに何を見るのでしょうか。

本展は、2001年に写真集 (ワイズ出版) としてとして出版された「Tokyo Candy Box」より約27点のオリジナルプリントを展示致します。

■飯沢耕太郎 × 尾仲浩二 スライド&トークショー開催!
2011年7月16日 (土) 17時〜19時
入場料: 1,000円 (ミニプレゼント付) ※定員35名様
受付はEメールにて。席に限りがありますので、立ち見の際はご了承ください。
E-mail: emon_photogallery@emoninc.com

メディア

スケジュール

2011年07月08日 ~ 2011年08月06日

オープニングパーティー 2011年07月08日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

尾仲浩二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use