アリソン・ショッツ 「Geometry of Light」

エスパス ルイ・ヴィトン東京

poster for アリソン・ショッツ 「Geometry of Light」

このイベントは終了しました。

アリソン・ショッツは、工業的な素材を使用する一方、鏡やステンレススチールなどを用いることにより、重力、空間、光など、目には見えなくても、物理の世界においては基本とされる要素を視覚化します。「宇宙は何から成るのかという質問は、彫刻やアートが何であるかということの基本であるように思えるのです」とショッツはコメントしています。

ショッツがはじめてエスパス ルイ・ヴィトン東京を訪れた際、その溢れんばかりの自然光に感銘を受け、本エキシビションの展示作品を制作しました。

アリソン・ショッツは1964年に生まれ、ニューヨークのブルックリンを制作、活動の拠点としています。あらゆる素材を幅広く扱い、それらの境界線を曖昧にすることで知られる彫刻家です。彼女の作品は、ニューヨークのグッゲンハイム美術館をはじめ、ワシントンDCのハーシュホーン博物館と彫刻の庭、サンフランシスコ近代美術館、ホイットニー美術館などアメリカを代表する美術館で展示され、コレクション、ロンドン、ストックホルムなどの海外でも紹介されてきました。

[画像: アリソン・ショッツ 「The Geometry of Light」(2010) cut plastic Fresnel lens sheets, silvered glass beads, stainless steel wire 1523 x 912 x 400 cm Photo: Jérémie Souteyrat ]

メディア

スケジュール

2011年09月10日 ~ 2011年12月25日

アーティスト

アリソン・ショッツ

Facebook

Reviews

Paul Heaton tablog review

Tripping the Light Fantastic

Light art meets high fashion in Omotesando.

yumisong tablog review

アリソン・ショッツ『Geometry of Light』

美しい光と色が変化する展覧会

matsumotoei: (2011-12-28)

GEOMETRY OF LIGHT
これは、地上に固定された人工の“雲”だ!

光の変化の増幅装置 太陽が雲に隠れると空気が重くなる。オブジェも暖かい色を失って行く。感性を増幅してくれる空間

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use