「区長賞創設30周年記念 台東区コレクション展 後期」

東京藝術大学 大学美術館・陳列館

poster for 「区長賞創設30周年記念 台東区コレクション展 後期」

このイベントは終了しました。

台東区では、昭和56年度から東京藝術大学の優秀な卒業作品の制作者に台東区長賞を贈呈し、若手芸術家の育成を支援しており、その作品群は区の貴重なコレクションとなっています。

本コレクションには、制作者の若き日々、学生時代にしか描くことのできない、そして、学生時代だからこそ描くことのできた何かが詰まった作品が並んでいます。さらに今回は、その質と量で日本有数とされる敦煌莫高窟壁画模写コレクションの一部も展示します。
 
日本文化の形成に大きな影響をもたらしたシルクロードの文化交流の地にある敦煌莫高窟は、ユネスコの世界遺産として登録される貴重な文化遺産です。本区のコレクションは、中国敦煌研究院の協力のもと、東京藝術大学大学院の学生が、仏教伝来の源流を探求するべく可能な限り現地に赴き、修了制作の一部として制作したものです。また、この取り組みを通じた敦煌石窟保護保存の活動は、アジアにおける文化財保護支援へと連なっています。

東京藝術大学大学美術館 展示室3,4での展示です。

後期日程は日本画・敦煌莫高窟壁画模写を中心に出品します。

メディア

スケジュール

2011年09月09日 ~ 2011年09月25日
月曜休館。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use