第3回恵比寿映像祭

東京都写真美術館

poster for 第3回恵比寿映像祭

このイベントは終了しました。

恵比寿映像祭は、年に一度、10日間にわたり東京都写真美術館全館を使って、展示、上映、ライヴ・イヴェント、講演、トーク・セッションなどを複合的に行うことを通じて、映像分野における創造活動の活性化と優れた映像表現やメディアの発展を過去から現在、そして未来へといかに継承していくかという課題について、今あらためて問い直し、対話を重ね、広く共有する場となることを目指します。

恵比寿映像祭では、映像という言葉を限定的に用いるのではなく、映像をめぐる様々な選択肢に目をむけ、可能性を拓いて行くことを企図します。さまざまな映像をむりやりに分類整理し序列をつけるのではなく、一見対極的に見えるものどうしをならべてみたり、目をこらさないと見過ごしてしまうような微細な肌理(きめ)に着目することで、映像の楽しみや味わい方の回路をより豊かにしていきたいと願います。

恵比寿映像祭は、会場(リアルサイト)で実施する10日間だけに留まらず、次回までの355日間にも、このウェブサイト上で継続されます。また公共機関によるものか私的組織によるものかを問わず、映画祭・映像祭、展覧会、コレクションやアーカイヴの形成、アワードや助成などといった方法で営まれる、映像をめぐる国内外大小の活動を、相互にリンクしていきます。

恵比寿映像祭は、作り手に対してはより多彩な活動の場を拓き、送り手に対しては日ごろの活動の意義を世に問う舞台を設け、また受け手(観客)に対してはより多様な表現に触れる機会を提供します。

恵比寿映像祭は、最初から完成形を目指すのではなく、継続的な開催を通じて挑戦や試行を繰り返し、ホームベースとしての東京都写真美術館の役割と視座を提示しつつ、同時に複数の立場と視座が交わり、ともに育つ場となるよう努めていきます。

映像は、目覚めたまま見る夢[デイドリーム]。人が思いをめぐらすイマジネーション、メディアや機械が生み出すファンタジー、イメージに刻まれた歴史や記憶、映像が描き出す夢のありかたは一様ではありません。
第3回を迎える恵比寿映像祭では、「デイドリーム ビリーバー!!」をテーマに、映像の力を問い直します。

会場 東京都写真美術館 全フロア / 恵比寿ガーデンプレイス センター広場ほか

ラウンジトーク 
「地域連携プログラム:今どきの映像を考える:デイドリームホッパー」
出演:ロジャー・マクドナルド&小澤慶介(AIT)
日時:2011年2月26日(土) 11:00-12:30
場所:東京都写真美術館 2Fラウンジ
※参加無料/お申し込みは不要です。当日直接会場へお越しください。
URL: http://www.yebizo.com/#pg_talk12

メディア

Facebook

Reviews

Tokyo Culture Creation Project tablog review

3rd Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions

“Daydream Believer”: using the power of the image to give invisible dreams a visible form.

Rie Yoshioka tablog review

TOKYO FRONTLINE、G-tokyo2011ほか

都内各所で開催されたイベントをダイジェストでレポート

東京文化発信プロジェクト tablog review

第3回恵比寿映像祭 “Yebizo”

映像の力を信じ、覚めない夢の可視化に挑む『デイドリーム ビリーバー!!』

Midorikawa: (2011-02-23)

SUPERFLEXが日本でみれるとおもわなかったのでみれてうれしかったです

art4em: (2011-02-24)

The Container | http://www.the-container.com

A new art space is set to open in Nakameguro next month. The Container is another example of a non-conventional “gallery” that challenges the dominance of the ubiquitous Tokyo white cube. Installed inside Bross hair salon, the shipping container (485x180x177cm) will invite Japanese and overseas artists to make site-specific exhibitions four times a year.

Confirmed participants include local collective Chim Pom and conceptual artist LG Williams.

http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.en/2011/02/news-digest-february.html

art4em: (2011-02-24)

LG WILLIAMS/ESTATE OF LG WILLIAMS, IN ABSENTIA

Location: SUPER WINDOW PROJECT
February 18th - March 25
http://superwindowproject.com
gallery@superwindowproject.com

“In Absentia” is the second consecutive show of
LG Williams at Super Window Project. Although
if it may be interpreted as a sequel to his previous exhibition “Closed”, and an extended statement about the “absence of art”— or even a
commentary on Hans Christian Andersen’s tale,
“The Emperors New Clothes”— it is more of an
answer to Leonardo Da Vinci’s famous quote “La
pittura è cosa mentale”, and, of course, another
occasion to have some serious fun.

sprmario: (2011-02-26)

映像の進化と深化をこれでもか、と見せつけられた気がしました。映像は、正に目覚めたまま見る夢(デイドリーム)です。

http://bit.ly/fe0D2u

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use