「ゼロ年代のベルリン -わたしたちに許された特別な場所の現在(いま)」展

東京都現代美術館

poster for 「ゼロ年代のベルリン -わたしたちに許された特別な場所の現在(いま)」展

このイベントは終了しました。

1989年のベルリンの壁の崩壊後、ベルリンは変化を続け、政治、経済、文化の実験場として世界の注目を集めてきました。ゼロ年代、ベルリンは世界の中で、アーティストを最も魅了するホットな都市となっています。そこでゆるやかなソーシャルネットワークがつくられ、ジャンルを横断する恊働や交流がなされています。グローバル化によって加速された複雑な政治社会状況に対して、各々の作品に忍ばせられた社会に対する意見は、ベルリンの街に音楽のように響き渡っています。

壁の時代、ベルリンは自由を熱望し、自由のための闘争の象徴ともなりました。その当時の熱気は今も残り、都市の中に散在するフリースペースとともに、現在のベルリンを「特別な場所」にしています。「ここ」にある小さなユートピアーわたしたちに許された特別な場所の現在を、世界から集まりベルリンに住む18組(12カ国)のアーティストたちが、映像、絵画、パフォーマンスなど多様な表現によって映し出します。イデオロギーに替わる、社会と関わりをもった歴史、物語の再構築、都市への介入によって空間とアイデンティティの関係を問いなおすパフォーマンスや造形、情報、身体、都市空間が、新たな感性の位相のもとに、鮮烈な生産の実践として展開されます。

これからの芸樹のありようを示す場所、それがベルリンなのです。

本展覧会は、日独交流150周年を記念してドイツ文化センターとの共同で開催されます。

[画像: ヨン・ボック 「ヘリンボーン式搾乳室」(2010) 撮影:Jan Windszus Courtesy of Klosterfelde, Berlin; Anton Kern, New York ©John Bock]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2011年09月23日 ~ 2012年01月09日
10月10日、1月2日、1月9日は開館。10月11日、年末年始(12月29日〜1月1日)、1月4日は休館。

Facebook

Reviews

山本 智佳子 tablog review

11/27(日)ミューぽんユーザー限定企画第三弾!!
対話型鑑賞 in 東京都現代美術館

前回大好評だった対話型鑑賞イベントの第三弾は、東京都現代美術館を貸切!ぜひご応募ください!!

TABインターン tablog review

ミューぽんイベントレポート「対話型鑑賞 in 東京都現代美術館」

作品鑑賞から見えてくる自分 —— “みる・かんがえる・はなす・きく” を通じて新たな美術鑑賞の楽しみを見つけよう

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use