「陶酔のパリ・モンマルトル 1880-1910 ~「シャ・ノワール(黒猫)」をめぐるキャバレー文化と芸術家たち~」展

群馬県立近代美術館

poster for 「陶酔のパリ・モンマルトル 1880-1910 ~「シャ・ノワール(黒猫)」をめぐるキャバレー文化と芸術家たち~」展

このイベントは終了しました。

1880年代の初頭のモンマルトルで、フランス地方都市シャテルローのブランデー業者の息子で画家のロドルフ・サリスが新進の芸術家が集う店を発案し、当時人気のあったエドガー・アラン・ポーの小説の題をとって「黒猫(シャ・ノワール)」と命名しました。1885年には華々しい祝賀パーティーとともに新生キャバレー「黒猫(シャ・ノワール)」が開店、そこには、前衛画家、文学者、ミュージシャンに加えてパリ上流社会の人々も集まるようになり、以後10年に渡ってキャバレー「黒猫(シャ・ノワール)」はパリ社交界の名所のひとつとなったのです。

本展は、キャバレー「黒猫(シャ・ノワール)」を中心として、世紀末からベル・エポックのパリにおけるカフェ・コンセールやキャバレーで展開された展覧会、影絵芝居、コンサート、サーカスなどの娯楽や興行を描いた絵画や関連するポスター、公演プログラム、雑誌、写真、上映資料等184点により、キャバレー文化と娯楽という視点から、19世紀末から20世紀初頭にかけてのベル・エポックにおける前衛芸術、大衆芸術を横断的にとらえる初の展覧会です。

・学芸員による作品解説会
 2012年1/14[土]、2/1[水]、3/7[水] 14:00-15:00
・プレイエル(1910年製)ピアノによるコンサート
 12/23[金・祝]、2012年2/11[土] 14:00-15:00
・記念講演会 2012年3/4[日] 14:00-
 講師 : 鹿島茂(仏文学者・明治大学教授)

[画像: ジュール・シュレ 「『道化師登場』の表紙 (1886) カラー・リトグラフ 18×11cm]

メディア

スケジュール

2011年12月23日 ~ 2012年03月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use