「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」展

東京国立博物館

poster for 「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」展

このイベントは終了しました。

2009年12月、日本画家の平山郁夫氏が永遠の眠りにつかれました。平山氏は、創作活動と表裏一体をなすものとして、世界各地で危機に瀕している、かけがえのない文化遺産の保護に尽力しました。そして、文化遺産を保護していくためには信仰心と重なる平和への強い祈りが重要であると考え、インドから中国を経て日本に伝わった仏教の伝来過程にも注目し、関連遺跡をくまなく旅しています。
この展覧会では、平山郁夫氏の文化財保護に関わる偉大な活動を顕彰し、その業績をとおして文化財保護の重要性や課題などを改めて広く知っていただこうとするものです。インド・パキスタンをはじめ、アフガニスタン、中国、カンボジアなど、平山氏がことに関心を寄せた仏教伝来の道に沿った仏像や壁画の数々とともに、文化財保護活動の集大成として制作し、薬師寺玄奘三蔵院(やくしじげんじょうさんぞういん)に奉納された畢生の大作・大唐西域壁画を全点展示いたします。

メディア

スケジュール

2011年01月18日 ~ 2011年03月06日

アーティスト

平山郁夫

Facebook

Reviews

haniwabe: (2011-01-30)

日本画の中に取り込まれる感覚が味わえます。
壁画の下図はCGみたい。この機会にぜひ。
http://hanitona.web.fc2.com/jnhirayamabunka.htm

art4em: (2011-02-14)

LG WILLIAMS/ESTATE OF LG WILLIAMS, IN ABSENTIA
Location: SUPER WINDOW PROJECT
February 18th - March 25
http://superwindowproject.com
gallery@superwindowproject.com

“In Absentia” is the second consecutive show of
LG Williams at Super Window Project. Although
if it may be interpreted as a sequel to his previous exhibition “Closed”, and an extended statement about the “absence of art”— or even a
commentary on Hans Christian Andersen’s tale,
“The Emperors New Clothes”— it is more of an
answer to Leonardo Da Vinci’s famous quote “La
pittura è cosa mentale”, and, of course, another
occasion to have some serious fun. With this
seemingly obvious and deceptively simplistic attempt, Williams draws on a long history of the
missing object in conceptual art while deliberately twisting it.

The show consists of fifteen museum labels displayed on the white walls of the viewing room
with spotlights directed at the absent artworks.
Each label presents the absent work as follows:
Artist name, artwork title, year, medium, dimensions, collection.

Born in 1969 (USA), LG Williams lives and works in Los Angeles, Honolulu and Kyoto.

#####

marienkmc: (2011-02-26)

今回始めて平山さんの作品を見ました。予想していた以上に素晴らしい。より立体的に見えるような技法や色もやわらかく作品を何時間でも眺めていたくなるような作品で、何故か気持ちが暖かくなるの感じました。亡くなられてしまったのが、残念。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use