「第1.5回 全感覚派美術」 展

ゲンダイハイツ・ギャラリー・デン

poster for 「第1.5回 全感覚派美術」 展

このイベントは終了しました。

元appel 主宰、Tattakaこと高橋辰夫の構想によるグループ展がバージョンアップして現代HEIGHTSで追加開催!!pixiv 以後、3.11 以後の現代アートのあり方をうらなう、注目の作家陣によるオルタナティブなアートショー。

マーケット主導型の現代アートの商業化が確立する中、改めて批評の意味が問われて久しい中、そこかしこでアーティスト主導型の新たな模索もまた始まっています。この小さな試みも、大きな美術展やギャラリーの展覧会のみでは捕捉しきれない、アートの微分子的な闘争/逃走の軌跡であり、パーソナルな体験が世界の改変に繋がる、アート本来の姿勢を考える契機であり実践の場でありたいと願っております。

予定調和的でない作家・作品の出会いの場となる「全感覚派」。本展ではさらに新しい作家にご参加頂き、第一回を拡張して、さらなる驚きの場となっています。

●第1回全感覚派音楽会 並行開催!
日時: 9月16日(金) 19:00開場、19:15開始
料金: 1500円+要ドリンクオーダー
出演: 秋山徹次、小田寛一郎、人数 (平間貴大 & 直嶋岳史)、元箱根 (Taxxaka + 安永哲郎)

メディア

スケジュール

2011年09月15日 ~ 2011年09月27日
開場時間: 15:00-22:00 土日は13:00〜、9月16日(金)、23日(金)、 27日(火)は18:00まで

Facebook

Reviews

tattaka: (2011-09-15)

主宰の高橋辰夫です。先日開催したばかりの第一回展を受け、現代HEIGHTSで開催の運びとなった本展は、前回メインとなった表現主義的な作品群はもちろん、よりコンセプチュアルな作家たちを新たに加え、「全感覚」的なるものの輪郭がより鮮明になっております。今期、もっとも重要な展覧会の一つとして、多くの方に観てもらいたいと思います。よろしくお願いします!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use