オリバー・ペイン 展

NANZUKA

poster for オリバー・ペイン 展

このイベントは終了しました。

オリバー・ペインの作品は、私たちが常識だと認識している世界の文脈を、一度はフラットにし、そして大胆に角度を変える事で、私たちに新たなビジョンを提供します。昨年11月に開催されたチューリッヒのプロジェクトスペースStudioloにおける田名網敬一との2人展においてオリバー・ペインが発表したコラージュ作品_古いアートブックに掲載されたギリシャ彫刻を日本のTVゲーム「首領蜂(ドンパチ)」からインピレーションを得た弾幕のステッカーをデザインして貼付けた作品_は、西洋文明が自らのアイデンティティの象徴として捉えるアイコンを、日本のTVゲームに象徴的な暴力性が圧倒的に支配する様相を表しています。それは画一的な芸術の権威が、実は妄信的に作られたものである事を暗示しているとも解釈されます。

本展は、「キャンプ」をテーマにした新作のインスタレーションとなる予定です。私たちは古代から旅路の過程で夜間休息の手段としてキャンプを行ってきました。野獣を遠ざけるために火を焚き、その火で暖を取り、料理をするという行為は、現代においてはレジャーとしても幅広い人々の趣向の対象となっています。ペインが作り出すキャンプは、一言で言うとハードコアキャンプです。人々を寄せ付けないよう無数のトゲを持つ威圧的な黒いテント、遊ぶ事のできないコンクリート製のゲームマシーン、クライミングホールドが付けられたキャンバスなどは、ゲーム脳とも呼べる仮想現実的な思考と私たちの日常との境界を奇妙に映し出します。

メディア

スケジュール

2012年04月14日 ~ 2012年05月26日

オープニングパーティー 2012年04月14日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

オリバー・ペイン

Facebook

Reviews

Barnaby Lambert tablog review

Appropriated Autonomy

Oliver Payne's exhibition of new works at Nanzuka

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use