ジャクソン・ポロック 「生誕100周年展」

東京国立近代美術館

poster for ジャクソン・ポロック 「生誕100周年展」

このイベントは終了しました。

ジャクソン・ポロック(1912-1956)の生涯はまさにアメリカン・ドリームの明暗そのものでした。1930年代ニューヨーク、不安定な精神状況とアルコール依存に苦しみながらも研鑽を積んだポロックは、著名なコレクター、ペギー・グッゲンハイムに見出され、一夜にしてヒーローとなったのです。床に広げた大きなキャンバスに絵具をふり注いで描く「アクション・ペインティング」で、彼は全米的な注目を集めます。その成功の陰には妻リー・クラズナーの多大な献身がありました。絶頂期の1950年、歴史に残る大作が何点も生まれます。しかしそのわずか数年後、彼は自動車事故で流星のように去っていきました。日本初の大規模なポロック回顧展となるこの展覧会には、初期から晩年にいたるそれぞれの時期の代表的作品を含む約70点が、海外主要美術館と国内美術館から出品されます。語られることこそ多かったものの、これまで日本では本格的な展覧会を見ることができなかった画家、ポロックの真の実像に出会える絶好の機会となることでしょう。

【関連イベント】
■シンポジウム「PAINTERS' ROUND-TABLE: WHAT IS JP?画家たちのポロック」
堂本右美、岡村桂三郎、小林正人、モデレーター:中林和雄(当館企画課長)
日程: 2012年2月12日(日)
時間: 13:00-16:00
場所: 東京国立近代美術館(本館) 地下1階 講堂
■シンポジウム「今ポロックの何を見るのか」
池上裕子(美術史)、沢山遼(美術批評)、林道郎(美術史)、モデレーター:中林和雄
日程: 2012年3月24日(土)
時間: 13:00-16:00
場所: 東京国立近代美術館(本館) 地下1階 講堂
※いずれも申込不要、参加無料(先着150名)、12:30開場

■講演会「ポロックとは何か」
中林和雄 (当館企画課長)
日程: 2012年4月22日(日)
時間: 14:00-15:30
場所: 東京国立近代美術館(本館) 地下1階 講堂 ※申込不要、参加無料(先着150名)、13:30開場

メディア

スケジュール

2012年02月10日 ~ 2012年05月06日
月曜日は休館、但し3月19日、3月26日、4月2日、4月30日は開館

Facebook

Reviews

haniwabe: (2012-03-05)

花びらの足りない白い椿かな。そしてにじむ、繰り返す。
《西へ》と2つの《ナンバー7》をどうぞ。「所蔵作品展」という名のポロック展最終章も、とにかく見てくださいな。
http://hanitona.web.fc2.com/jn201204pollock100.htm

JINNO: (2012-03-13)

口にはくわえ煙草、右手に刷毛、左手にペンキの缶。その一挙手一投足に釘付け、そして男ボレ。制作風景を知ると、もっと楽しめる。http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-11190396338.html

cbliddell: (2012-03-15)

Despite his art superstar status, Jackson Pollock’s avant-gardism has proved a stumbling block in Japan, where he has seldom been exhibited. Surprisingly, “Jackson Pollock: A Centennial Retrospective” is the first major Pollock exhibition ever held in Japan...

>>Read more>>http://metropolis.co.jp/arts/art-reviews/jackson-pollock/

sleepguy: (2012-03-24)

好き嫌いは分かれると思う。ぼくは心底好きとは思えなかったけど、なぜこんなモノを作ろうとするのかに興味が湧いた。最高傑作と銘打たれたものは理解できなかったが、リズミカルな「ナンバー7」を見ていると創作風景が目に浮かんだ。あまり知られていない初期のものでも、「誕生」は、トーテムポールの顔がくるくる回りながら上がってく感じで斬新だし、「コンポジション」は岡本太郎チックなモチーフの組合せ、「習作」のヘンテコな絵はレディオヘッドの内ジャケみたいで面白い。

tonyscrivener: (2012-04-01)

Luckly I was in Tokyo in February and visited the Jackson Pollock exhibition. The show was quiet good with many works from his early years. The highlight was the large piece lent from Iran and some of his later works.

As I had seen the extensive Pollock retrospective at Tate Modern several years ago, seeing this exhibition showed many more lesser known pieces not shown at Tate. Several of the works at this exhibition reallyu touched a raw nerve, Jackson had so much talent and really inspires me as an artist. The show is worth visiting if you are in any way interested in Polllock's work.

lovesick: (2012-06-24)

煙草をくわえながらキャンバスの周りを歩き回って
絵具をしたたらせ描く姿は
煙をくゆらせるよう
音楽を奏でるよう

http://moelemon.blogspot.jp/2012/03/100.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use