「アラブ・エクスプレス展: アラブ美術の今を知る」展

森美術館

poster for 「アラブ・エクスプレス展: アラブ美術の今を知る」展

このイベントは終了しました。

急速に変化を遂げるアラブ世界は、生活習慣からアイデンティティに至るまで決して一括りには語れない文化の多様性を持っています。アーティストたちは、その中に息づく伝統、信仰、慣習、気候風土に由来する独特の美意識や、人々の日常生活と社会の現実を、さまざまな美術表現を通して鮮やかに映し出しています。
また、ここ数年、欧米の美術館ではアラブ現代美術を紹介する展覧会が頻繁に開催され、アラブ世界においても、ドーハ(カタール)にマトハフ・アラブ近代美術館が開館(2010年)、アブダビ(アラブ首長国連邦)にはルーブル美術館とグッゲンハイム美術館が建設中であるなど、アート産業が成熟しつつあります。日本で初めてアラブの現代美術に焦点を当てる本展では、アラビア半島を中心としたアラブ諸国のアーティスト約30組を紹介、その一端をいち早くリポートします。
[画像: ターレク・アル・グセイン「無題23(Dシリーズ)」(2008–09) デジタル・プリント 100× 133 cm]

※この展覧会は、日本とバーレーン王国、オマーン国、カタール国、アラブ首長国連邦との国交樹立40周年、及びクウェート国、サウジアラビア王国との国交樹立50周年を記念して開催されます。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

Facebook

Reviews

seina: (2012-06-26)

すごくオススメ。映像は見応えあるので十分時間を確保してお出かけ下さい。
http://orinchan55.blog120.fc2.com/blog-entry-1070.html

lovesick: (2012-07-27)

ステレオタイプにアラブを見ないことは認知療法的。
しあわせになるために始めた行為の中での物悲しさや葛藤などが感じられた。
かなりエネルギーを要するので疲れてないときに、六本木の夜景とともに観るといいと思った。

http://moelemon.blogspot.jp/2012/07/53f.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use