「東京アートミーティング アートと音楽 - 新たな共感覚をもとめて 」展

東京都現代美術館

poster for 「東京アートミーティング アートと音楽 - 新たな共感覚をもとめて 」展

このイベントは終了しました。

音楽とヴィジュアルアートは互いに密接な関係をもちながら進化してきました。20世紀の初め、作品がさまざまな感覚を呼び起こすような総合芸術をめざしたカンディンスキーや、音楽を記号的な正確さでイメージ化しようとしたクレーがその例です。聴覚と視覚を横断することで可能となる、豊かな感性の領域と表現の広がりは60年代のジョン・ケージらによってより実験的な形で検証されました。
そして今、デジタル技術の発達によりイメージはピクセルに分解されて記号や数値として処理され、音もPCのディスプレイ上で視覚的に作曲されるなど、アートと音楽はその創作の過程においても近似しています。一つのコンピュータで映像、画像、音を同等に扱う世代のクリエイターたちは、より密接な「新たな共感覚」というべき総合感覚をもって、多様な表現を試みています。
本展は総合アドバイザーに音楽家の坂本龍一を迎え、この二つの表現が交差、連動することで生まれてくる多様な作品の紹介を通して、「私たちの時代」における見ること、聴くことの本質的な意味を問いかけます。
世界的な音楽家のひとりである坂本龍一を総合アドバイサーに迎え、現代における音楽とアートの新しい関係について問いかけます。大きなスケールの展示空間に、「見ること」と「聴くこと」が交錯する個性豊かな作品が展示されます。
坂本龍一が世界屈指の音響デザインを手掛けるオノセイゲンや「ダムタイプ」創立メンバーの一人である高谷史郎とコラボレーションし、新作インスタレーション2点を展示します。小さな空間から無限大の宇宙を聴く、日本の茶室からインスピレーションを得た《silence spins》と、2台のピアノとレーザーを用いた《collapsed》は必見です。
国際的な活動している同時代のアーティストによる日本未公開の作品を公開します。フロリアン・ヘッカーの立体的なサウンド・インスタレーションやクリスティーネ・エドルンドの植物の危険信号から生み出された楽譜と音楽など国際性豊かな表現を多数紹介します。
カンディンスキー、クレーの絵画やジョン・ケージや武満徹の図形楽譜など、現代の視点だけではなく、歴史的な観点からもアーティストや音楽家がこれまでにどのように音楽と視覚芸術との関係の探求を試みてきたかを紹介します。
※ 本展は東京文化発信プロジェクトの一環として行います。
※ 企画展示室1階、地下2階での開催になります。

[関連イベント]
- 出品作家によるパフォーマンス、トーク・イベント
日時: 10月27日(土) 15:00~17:00
会場: 「アートと音楽」展会場(予定)
出演: バルトロメウス・トラウベック 他

- 第46回MOT美術館講座 (全3回)
定員: 200名 入場無料

- 「d.v.dライヴ・パフォーマンス」
日時: 11月18日(日) 15:00~
出演: d.v.d
定員: 200名 入場無料

- 講演会「“共感覚”の魅力 - なぜ芸術家、教育者、心理学者は惹きつけられてきたのか - 二つの世紀転換期におけるいくつかの事例を中心に -」
日時: 12月15日(土) 15:00~
講師: 眞壁宏幹 (慶應義塾大学文学部教授)
定員: 200名 入場無料

- 「青葉市子コンサート うた降るμseum」
日時: 12月23日(日) 15:00~
定員: 200名 入場無料

参加型サウンド・パフォーマンス「アートと音楽 - 新たな共感覚をもとめて - 」
日時: 1月19日(土) 15:30〜18:00
参加費: 無料。このプロジェクトは演奏への参加者を募集します。
※詳細は下記サイトをご参照ください。
http://swo.jp/mot/

[画像: セレスト・ブルシエ=ムジュノ《バリエーション》2009年 ピナコテカ(サンパウロ)での展示風景 © Céleste Boursier-Mougenot. Courtesy Paula Cooper Gallery, New York Photo: Isabella Mathgus]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

Facebook

Reviews

Tokyo Culture Creation Project tablog review

The Sight-Sound Connection

A new exhibition at the Museum of Contemporary Art Tokyo investigates the relationship between music and art

東京文化発信プロジェクト tablog review

東京アートミーティング第3回『アートと音楽-新たな共感覚をもとめて』

美術館で音楽を「見る」ということ、「聴く」ということとは?

mymogwai: (2013-01-31)

アートと音楽

見ることと聴くこと

二つが作用し合い、観るものの脳に強烈な印象を残す...

素晴らしい展示でした。。。

終了まで、僅かな日数ですので、

ご興味ある方はお早めに!!!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use