横尾忠則 「初のブックデザイン展」

ギンザ・グラフィック・ギャラリー

poster for 横尾忠則 「初のブックデザイン展」

このイベントは終了しました。

1960年代、70年代と、グラフィックデザイナー、イラストレーターとしてその強烈過ぎる個性を思う存分に振りまいた横尾忠則。81年に画家に転向してからも重層な世界観は変わらず、国際的にはますます活動の幅、拠点ともに拡げていきました。誰にも真似ることのできない「横尾忠則」という唯一無二の存在。2010年代のいまも創作意欲が衰えることはなく、貪欲なまでに、しかしごく自然体で、未知なる世界に挑み続けています。
ポスター、絵画と多作な横尾氏の作品は、これまでにも国内外で展覧会という形で披露されてきましたが、今回ギンザ・グラフィック・ギャラリーでは、横尾氏がデザインした本や雑誌にフォーカスします。本の中身を強烈に印象づける装幀や、書き文字が躍る雑誌表紙など、奔放とも思える横尾デザインも、実は確固たるグラフィックデザインやタイポグラフィの礎の上に成り立っており、造本のあらゆる側面が実に緻密に計算されて、創りあげられます。
本展では横尾氏によるブックデザインの妙技を、完成された本のほか、アイデアスケッチ、版下、指定紙、校正刷りなどとともに紹介します。手にとって、間近でじっくり楽しむ本の中に繰り広げられる横尾コスモス。ページから溢れ出んとするエネルギーを感じることのできる、横尾氏初のブックデザイン展となります。

[関連イベント]
「ギャラリートーク」
日時: 11月7日(水) 16:00〜17:30
出演: 横尾忠則、南嶌宏(美術評論家、女子美術大学教授)
会場: DNP銀座ビル3F 
入場無料 要予約 定員70名

※10月下旬より予約申込み開始

[画像: 横尾忠則]

メディア

スケジュール

2012年11月01日 ~ 2012年11月27日

アーティスト

横尾忠則

Facebook

Reviews

artmagedon: (2012-11-14)

八百万の芸術神の如くあらゆる対象の瞬間を永遠と化す魔術の数々。その種明かしの氷山の一角に触れることができる(と勘違いできる)展示。氏の戦歴たる作品群をひたすら浴びていると、現代のグラフィック界がいかに貧弱になってしまったかが見えてくる。ただ黙って定型に施されたバイタリティ溢れる仕事を浴びているだけで、自作に閉塞しているデザイナーの不毛な限界点を「脳を通さず」ぶち壊してくれるだろう。高倉健、三島由紀夫、浅丘ルリ子に媚を売らない、各名作もあらためて素晴らしい。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use