「47 accessories -47都道府県のアクセサリー展-」

渋谷ヒカリエ 8/ d47 MUSEUM

poster for 「47 accessories -47都道府県のアクセサリー展-」

このイベントは終了しました。

47都道府県分の展示台を常設し、日本を様々なテーマで真上から眺めるように観察し、47の日本の個性を感じる新しいスタイルのMUSEUM「d47 MUSEUM」。その3回目のテーマは「アクセサリー」です。若い自由な感性をもった世代は故郷を離れ大都市へ。残された人々がかろうじて伝統工芸を支え、それを広めるための土産的物産品をつくり続ける。残念ながら、伝統工芸品は長らく進化していない状態が続きました。やがて、景気が後退し、日本を見つめ直す様々な政策により、農業やクラフトへの関心が高まり、日本らしさの見直しが始まりました。感性豊かな若い世代は、都会の洗練、需要を意識したマーケティング感性やファッション性を携えて、大都市から故郷に帰ってきました。そして彼らは故郷に伝わる伝統ある工芸で、等身大の何かをつくろうともがき始めます。土地ごとの伝統工芸がリアルに「欲しい」と思わせるものとしてどう進化し、身を結んだか。都心のファッションメゾンでバランスのよいクリエイションの視点を得て、故郷に戻った彼ら、彼女らが、今、「アクセサリー」にどんな可能性を見いだそうとしているのか。47の日本の個性、伝統と出会った「アクセサリー」を展示販売します。本展は震災直後の2011年4月に「NIPPON VISION 4 - access new jewellery-」として東京新宿で開催した後、全国6カ所で巡回展示を行いました。d47 MUSEUMの誕生により、より多くの方にご覧いただきたいと考え、特別巡回展として再び開催するものです。その土地らしさと、日本のものづくりの将来とを重ねながらご覧ください。

メディア

スケジュール

2012年08月02日 ~ 2012年08月28日
11:00~20:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use