「アノニマス・ライフ 名を明かさない生命」展

NTTインターコミュニケーション・センター

poster for 「アノニマス・ライフ 名を明かさない生命」展

このイベントは終了しました。

匿名の、名前のわからない、個性のないもの。アノニマス(anonymous)とは、そのような意味を持っています。ギリシア語の接頭辞an-(~なしの)にonyma(名前)が組み合わされて、「名前がない」を意味しますが、展覧会の作品はそれぞれに題名がつけられていて、名前がないわけではありません。では、「名前がない」とは一体どういうことを意味するのでしょうか。
例えば、ロボット工学の一部では、テクノロジーの発達に後押しされ、「機械の生命」を作り出そうとしています。しかし、その成果物の多くは、私たちがSFなどに夢見る理想的なアンドロイドからすれば完全なものとは言えず、それはアンドロイドと呼ばれるひとつ手前の存在、名づけえぬ何ものかなのです。また、遺伝子操作に代表されるバイオ・テクノロジーやクローン技術などの生殖医療技術の急速な発達は、私たちがその本質を理解するよりも早く、名づけることのできない、もうひとつの「生」のあり方を現実のものとしてきました。
この展覧会では、そのような名づけることのできない生命、本当の名を明かしていないものたち、「アノニマス・ライフ」ということばを手がかりに、機械と人間を分かつ自明であったはずの「生」の意味を問い直すとともに、テクノロジーの進歩が新たな光を当てたセクシュアリティやアイデンティティの問題をはじめ、私たちの社会の中に偏在する多様なゆらぎ、境界、そしてその侵犯をめぐる作品を紹介します。

[画像: スプツニ子!「菜の花ヒール」(2011-12)撮影:SHIMA Takuya]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2012年11月17日 ~ 2013年03月03日
年末年始(12/28-1/4)、保守点検日(2/10)は休館

Facebook

Reviews

voidchicken: (2012-11-20)

cbliddell: (2013-01-04)

Strange new forms of life and art take shape at the ICC

"The show also includes Aevum (2009-12) by Go Watanabe. This is a large, animated, computer-generated entity that seems to straddle the boundaries between the real and virtual worlds, rather like the medieval concept of the title that refers to the mode of existence experienced by angels and saints in heaven, one intermediate between the timelessness of God and the temporal existence of the human world."

Read more>> http://metropolis.co.jp/arts/art-reviews/anonymous-life/

artsandwords: (2013-03-02)

ICCの『アノニマス・ライフ』展に行った。

スプツニ子! の作品がかわいくて好きだなと思った。
映像作品もよかったし、映像作品を流している場所にあるインスタレーションもきゅんきゅんした。

美容師がアンドロイドの髪を切るという映像もすごかった。
ロボットってこんなに繊細な動きができて、ちゃんとコミュニケーションも取れるんだっていうことに驚き。
同じことを何回も言ったり、ちょっと反応が遅かったりもあるけど、十分だと思う。

資料映像のところで流れていたTEDの『エイミーマリンズと12組の足』というのもじっくり見た。
彼女の義足は美しい。
『もはやハンディは克服するものではなく、プラスに増幅するもの。』
この言葉、すごくかっこいいと思った。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use